Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    THE MIN-X解散ライヴ
    0
      モーニング娘。のコピー・バンド、THE MIN-X

      kubottiがドラムで参加していたため、何回か見る機会があったのだが、純粋に趣味としてやってきたバンドのようである。

      この日のライヴで解散とあって、開演直前には今までの歴史を集大成した映像の上映もあり、ベーシストの弾き語りコーナーなど、バラエティ豊かな構成で、約2時間という気合いの入りまくった熱演。

      僕にしてみれば、別にモームスに関心があるわけでもないし、
      kubotti以外のメンバーは特に面識があるわけでもない。

      そもそも見ず知らずの人間に歌ったり演奏したりしているのを見せて、
      心を動かさせるのは、そうそう簡単なことではない。

      しかし時と場所を共有しているほんの一瞬だけでも、心を通わせることから共感の可能性は広がっていく。実際に僕は、ステージを見ているうちに、各メンバーが、今どんなことを感じているのかな、ということを想像した。

      それは彼女ら彼らに「この日この場所でしかできないことをやり尽くそう」という気合いがあったからこそだと思う。

      勉強になりました。

      そしてメンバーのみなさま、お疲れさまでした!
      posted by: | ライヴ | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      稲生座にて
      0
        KALASが稲生座で主宰する“十六夜唄”の第三夜。
        先攻のKALASはギターの水野さんに加え、ベースにレイチェル氏、さらにパーカッションも含む四人をベースに、原みどりを迎えたり、ピアノにえみさんを迎えたり。
        個性的なのは相変わらずだが、
        (そしてその個性に勝手に励まされたりしてきたのは自分だ)
        以前よりもメンバーとグルーヴを共有しようという気配が強く感じられた。
        三拍子の新曲も、これまでにない雰囲気で新鮮だった。

        後攻の原みどりはピアノの弾き語り。
        最近見た彼女の弾き語りの中では最も引き込まれた。
        選曲や曲順にスキがないのだ。
        この日のレパートリーは大半がレクイエム。
        僕も5月にこの場所で挽歌だらけのステージをやったけれど、
        この場所で久々に、という時にそうなるのは、ごく自然なことだと思う。
        またその流れに素直に沿うことで発する説得力は素晴らしく、
        特に「きんかん」は絶品だった。

        終演後はKALAS、水野さん、原みどりの話の輪に、僕もまぜてもらい、
        水野さんの濃厚なキャラを堪能。

        そんな会話の中で原みどりがもらした一言。
        「今日はマスターが、カウンターの中で、見守ってくれてるように感じた」

        うん、もちろんさ!
        posted by: | ライヴ | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ZAZEN BOYS@日比谷野音
        0
          新ベーシストを迎えての野音。
          あえてステージの一部にセットを寄せて、メンバーの立ち位置を近くしているのは、
          普段のスタジオでのセッションの雰囲気をそのまま持ち込みたかったのだろうか?

          そんな疑問はおいといて、演奏の内容は、
          最初の2曲で向井がキーボードを奏で、
          途中からはギターとキーボードを持ち変えつつ展開するというもの。
          新ベーシストを迎えてのグルーヴがとにかく素晴らしい。
          「ゆかた」「だるま」など、周囲の目も気にせず踊りまくる。
          変拍子の曲を怒涛の勢いで連発する中、
          不意にベタな4つ打ちを入れるなど曲順も巧み。
          しかも「ナベ&サダ」と銘打たれた楽曲では、
          ナベサダ、あるいはウェザー・リポートなどを連想させる新境地も披露。
          ネオ・ニュー・ウェイヴ的な作風はすでに確固たる完成度を持っている彼らだが、
          それに飽きたらず、旺盛な開拓精神で音楽性を広げていく様子は、
          なんとも感動的だ。

          こうしたステージの構成の仕方は、
          歌詞の世界観に沿ったシンガー・ソングライター的な発想ではなく、
          グルーヴ重視のフィジカルな、DJ的な発想の産物であるように感じられた。
          そのぶん、インターナショナルな説得力も持ち合わせている。
          今の彼らなら、海外でレッチリのフロント・アクトを務めても、
          充分支持されるように思う。
          posted by: | ライヴ | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          還暦ライヴ連発
          0
            6月5日は遠藤賢司@AX、6月9日は柴山俊之@251、
            どちらも還暦祝いのスペシャル・ライヴ。
            しかもいずれも3時間におよぶ超熱演!
            あの世代の人はなぜこうもエネルギッシュなのだろう?

            エンケンは二部で披露した細野晴臣、林立夫、鈴木茂とのアンサンブルが衝撃的。
            演奏は極めて穏やか滑らかなのに、酩酊感と高揚感とグルーヴが一体になっている。
            なぜこんな空気感を瞬時に漂わせることができるのか?

            柴山さんは上半身裸で歌いまくり。
            しかもそのまま誕生日の祝いで朝までコース。
            柴山さんのスタッフには会社員時代の部下がいたりするため、
            一人でいったにもかかわらず、とても馴染みやすいパーティだった。
            主賓の柴山さんはものすごく大勢の方の応対をしているので、
            挨拶はあまり長引かせなかったが、
            場内には先日インタヴュー&6日にシェルターでレコ発ライヴを拝見したばかりの松谷さん、そして下山淳さんもいて、それぞれと個別に超ド級の濃ゆ〜いお話をさせていただいた。
            松谷さんからは死生観交じりの話でおおいに励まされ、
            下山さんとは最近ロックンロール・ジプシーズでも演奏するようになった「再現できないジグソウ・パズル」(作詞は柴山さんだ!!)にまつわるお喋りをしたり、
            5日のエンケン・ライヴで僕が感じた疑問への
            なんともシャープな解答を出していただいて驚愕したり。
            さらに何て言われたかはこの場では控えるけど、
            下山さんから僕への信頼を表明していただき、
            嬉しさのあまり半泣き状態になったり…。

            今年序盤は少々捨て鉢な気分になっていたのだが、
            背筋が伸びる思いをさせていただいたおかげで、
            今後もこうしたシーンに関わる仕事をちゃんとやっていこうと決意を新たにした。
            posted by: | ライヴ | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            駅前で「アモーレ下北」
            0
              今日から世田谷区議&区長選挙がスタート。
              午前中は珍しく早起きして区長候補の鈴木よしひろさんのポスター貼りのボランティア。
              一度自宅に戻り、仕事をし、午後からは区議会議員、木下泰之さんの出陣式に。
              その直後の下北沢北口駅前の街頭宣伝活動にはギターを持って参加。
              応援演説に交じって「アモーレ下北」をとのリクエストを受け、
              すでに何回もいっしょにこの歌を歌っている木下さんのお役に立てるなら、
              との思いを込め、駅前で思いきり歌う。
              思いのほか好評で、そのまま南口では街頭宣伝の途中と後半に2回ほど。
              好天の野外、しかも駅前で遠慮せず歌えるのは気持ちよい。
              ふつう駅前でこれだけど派手にぬくぬけと歌ったら、
              なにがしかのクレームが付きそうなものだが、
              選挙期間中はOKというのも、日本の法制度の不思議なところではある。

              街頭宣伝が終わると、そのまま“Save the 下北沢”の仲間達と共に
              木下さんの街の練り歩きをバックアップ。
              ウグイス嬢や木下さんの語りのバックを
              僕のギターの他、タンバリン、マラカス、肉声で賑やかしつつ、
              タイミングによって「アモーレ下北」のサビをリフレイン。
              ふだんのデモだったら許されないような路地まで、
              こんな隊列が入り込んでいけるのも選挙期間ならではの醍醐味(?)である。
              声援を送ってくれる人が多く、一同おおいに盛り上がる。

              インターネット上の制限など、現在の公職選挙法は改善していかないと
              あまりにも実態にそぐわない部分が多いけれど、
              そのはざまでこんな楽しい選挙の応援の仕方があり得るのも事実なのだ。


              posted by: | ライヴ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              冷蔵庫が壊れた
              0
                都知事選投票後、日比谷野音にてモーサム・トーンベンダー。
                序盤のラウドな曲の連発には、惹かれなかったけれど、
                中盤から一気に曲調が多彩になってからはかなり楽しめた。
                トリオというと作風が定まりそうなものだが、
                彼らの場合はあえて楽器を持ち替えるなど思いつくままにやることで、
                次にどんな曲が飛び出してくるか予想が付かないところが面白い。
                終盤で雨がパラパラと降ったけれど、本降りにならずに助かった。

                で、下北沢に戻るとすでに石原慎太郎圧勝の知らせが。
                ここまであっけなく結果が出てしまうと、拍子抜けしてしまう。
                昨晩の新宿の盛り上がりは何だったんだろう?
                当面の東京都とのやりとりは、4日に渡した文書の返事を待つことになりそうだ。
                とはいえ22日には区議会と区長の選挙もある。
                まだまだやることは多い。

                などと思いながら部屋に戻ると冷蔵庫が壊れた模様。
                電源は入っているのに、全然冷えてなくて、氷すら作れない。
                早急に買い換えに行かなければ。
                posted by: | ライヴ | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                RIZE@渋谷AX
                0
                  編成も環境もリニューアルしてから久々に見るRIZE。
                  とにかく目を引くのはベースのKenKen。
                  大胆なアクションが嫌みにならず、華やかなムードをまき散らす。

                  先日見た彼のソロ・ライヴでは
                  5弦ベースにカポを付けてブリブリ弾きまくるステージングにインパクトを受けたが、
                  とにかく彼の加入でグループは圧倒的にパワー・アップしたと思う。

                  楽曲はもうちょいメロディ重視のものが欲しいところだが、
                  「ピンクスパイダー」のカヴァーはそうした点でも良い位置にあったと思う。

                  終盤ではJesseが4才の女の子を呼び込み歌わせる場面も。
                  どういう知り合いなのかは分からなかったが、
                  ステージ度胸のある彼女のパフォーマンスも場を賑わせ楽しかった。
                  posted by: | ライヴ | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  パンタ完全復活!!
                  0
                    新宿ロフトで新バンド陽炎の初ツアー・ファイナル。
                    ある程度の期待はしていたのだが、こちらの予想を圧倒的に上回るステージに感涙。
                    あまりにも素晴らしかったので、
                    4月発売のMUSIC MAGAZINEでライヴ・レビューを書くことにしてしまいました。
                    これからもついていきまっせ!
                    posted by: | ライヴ | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    リハ
                    0
                      3/4のLADY JANEのための合同リハ。
                      あわよくばさらに新曲をという目論見は、
                      今週前半の腹痛&発熱とその余波で時間をとられたため難しそう。
                      (久々に自分の体の状態が不安になったがなんとか持ち直した!)
                      だが自主トレで歌う時と違って、人がいると冒険的に歌の表情に集中できるのが嬉しい。
                      こういうバイブレーションは、気を許しつつ集中できる仲間がいるからこそ。
                      急遽コーラスで参加してもらうことになった加藤志乃ぶが、
                      持ち込んだアイデアに触発されて選曲と曲順も変更。
                      真剣に取り組んでくれる姿勢にこちらも背筋が伸びる。
                      ありがとう! ベストを尽くす段取りは整った。

                      小さなお店なので特に遠くから来てくださる方は、
                      事前にLADY JANE 03-3412-3947まで予約してくださると安心です。
                      よろしくお願いします。

                      posted by: | ライヴ | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      『すっぽんぽん de 宴の夜』
                      0
                        青山の月見ル君想フにてサルサガムテープpresents『すっぽんぽん de 宴の夜』
                        出演は桃梨、サルサガムテープ、渋さ知らズ。
                        桃梨には伊藤孝喜がドラムスで参加。
                        サルサガムテープで出演のマサには“下北 INSIST!”でお付き合いいただくため資料一式を手渡し。
                        渋さ知らズの不破さんにはJAMUOを紹介するといったあんばいで、
                        この日の出演のラインナップ自体がすでにミラクルだ。

                        昨日の疲れもあって体力的に不安があったのだが、
                        終盤は最前列で狂喜乱舞。
                        特に渋さ知らズの演奏にサルサガムテープのパーカッションが加わっていく場面では胸がいっぱいになった。

                        シビアに言うとセッション最後の「フライドチキン」は、サルサ本編のステージに持っていった方が良かったと思うけれど、以前チキン・ファーム・シート6の頃にタイバンさせてもらったゴーキがフロントを務めるようになったサルサガムテープの印象も新鮮だった。

                        かおりちゃん、企画大成功でおめでとうございます。
                        posted by: | ライヴ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |