Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    7/4 「下北澤乃乱III」ご報告
    0
      三回目となる「下北澤乃乱」。
      今回は場内各所に絵画とイヴェント・タイトルのカリグラフィをあしらえ、イヴェントとしてのカラーをクリエイティヴに打ち出してみた。

      トップのよしひらみずとは、西村雄介&伊藤孝喜、そしてクラリネット奏者の新井田美里との四人編成。

      この日のために新曲「夏の夜の夢」を用意するなど、「下北澤乃乱」常連らしい相違に満ちたステージ構成だった。

      二組目の六弦詩人義家は、サウンドだけでなくギターのフォルムから服装などもトータルにコーディネイトして魅せるステージ。


      志田歩&Teazer はよしひらみずと作曲、志田歩作詞の新曲「裏切者のテーマ」のバンド・ヴァージョンを初お披露目。


      志田歩&Teazerセットリスト
      SE The Star Spangled Banner
      1 9月のカナリア
      2 最後のライオン
      3 裏切者のテーマ
      4 ピンナップ・ベイビー・ブルース
      5 手頃な免罪符
      6 BOYS ON THE EDGE
      7 カウンターの中で
      8 陽気なプリズナー
      9 レッスン1
      10 アモーレ下北

      個人的には四週連続ライヴを無事終えた解放感もあり、かなり濃密な場内打ち上げのあと、さらに三軒はしごしてしまいましたぁ!

      ご来場のみなさま、出演者のみなさま、music bar rpmのスタッフのみなさま、そしてTeazer のメンバー、どうもありがとうございました。
      今後もよろしくお願いします。




      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      6/12 “月を越えて、光の中へ in Shimokitazawa”ご報告
      0
        6時就寝、8時半起床。
        10時 T君の告別式。
        参列後、告別式で再会した旧友と酒を交わしつつ、今日来れなかった友人のために、T君を偲ぶ会について相談。
        自宅に戻り、仮眠しようとするが、両足が激しくつって、苦痛でベッドから転がり落ちる。
        個人的な非常時。




        誰にだって、きっとこんな厄介な時があるだろう。

        そもそも11年前の“月を越えて、光の中へ”で、大谷令文にお付き合いいただいたのも、
        2004年5月4日という “個人的な非常時”がきっかけだった。

        あの体験で僕は何かを学び得たのかどうか?

        それが試されるのが、この日の夜であるだろう。
        16時 スタジオにて志田歩&Teazer のメンバーと合流。
        前夜、思い立った選曲と曲順の変更を確認。
        わずかなリハの間に、確実に励まされている自分がいる。
        この心強い仲間は、自分の宝であり誇りでもある。(間違いない!)

        2015年6月12日 下北沢バラック・ブロック・カフェ
        第三期志田歩&Teazer(志田歩、加藤志乃ぶ、kubotti、西村雄介、伊藤孝喜)
        セット・リスト

        1 Home Sweet Home
        2 最後のライオン
        3 手頃な免罪符
        4 ピンナップ・ベイビー・ブルース
        5 ナーダム〜裸のワルツ
        6 BOYS ON THE EDGE〜ぼくらは〜光の中へ
        7 ハッピーエンドを蹴飛ばして



        こんな大風呂敷を広げる資格が自分にあるのか?

        しばしばそんな疑念にとらわれることもある。
        だが青写真を精密に再現するのではなく、無自覚であった“本性”あるいは意識下に埋もれていた“本音”に体当たりして、思ってもいなかったところに辿り着くことが、僕にとっては最大の醍醐味だ。



        後攻のKALAS'のステージの締め括りでは、急遽KALASに呼び込まれ、「月を越えよう」をデュエットさせていただいた。KALASありがとう!!



        Teazer のメンバーをはじめ、ご来場のみなさま、そして今回の企画を誘ってくれたKALASに心から感謝します。
        どうもありがとう、そして今後もよろしく!!


        以下は、今後のライヴの予定です。

        ★2015年06月28日(日)代官山Bar Crimjon
        “LOTUS meets 志田歩〜our favorite GLASS〜”
        出演:志田歩、LOTUS
        開場18:30 開演19:00
        チャージ ¥2000(1ドリンク付) *追加ドリンクは¥500から〜
        出演 LOTUS、志田歩 
        問合せ Bar Crimjon 03-6427-0747(20時以降)
        https://www.facebook.com/BarCrimjon?fref=ts
        〒1500034 東京都 渋谷区代官山町13-4 セレサ代官山B1-A

        ★2015年07月04日(土) 下北沢music bar rpm
        「下北澤乃乱III」
        出演:志田歩&Teazer 、六弦詩人義家、よしひらみずと
        開場19:00  開演19:30 
        チャージ 予約者1500円+オーダー 当日1800円+オーダー
        予約受付メール:shidaayumi@gmail.com






        posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        告知:6月12日 月を越えて、光の中へ in Shimokitazawa
        0
          長文の書き下ろし原稿に集中したりしていたため、久々の更新となりました。

          今回は6月12日(金)に行う“月を越えて、光の中へ in Shimokitazawa”のお知らせです。



          開場 19:00
          出演 19:30~ 志田歩&Teazer
             20:30~ KALAS`
          チャージ 2000円(予約)/2300円(当日)*要ドリンク・オーダー
          バラック・ブロック・カフェ
           phone:070-6969-4215
          (小田急線・下北沢駅南口より徒歩2分、下北沢南口商店街20m下り、DOROMA右、不動産屋・お部屋探し4F)

          今回久々のジョイントとなるKALASと僕が初めて共演したのは、2002年2月17日。
          場所はまだ松崎博さんがオーナーで移転する前のNever Never Landだった。

          当時下北沢の音楽仲間を通じてKALASの音源を聴かせてもらった僕は、
          彼が「月を越えよう」をはじめとするオリジナル曲の数々で独自のオリエンタルな音楽性を追求しているのにおおいに励まされ、作りかけとなっていた「光の中へ」を、その場で初お披露目。
          翌2003年に発表したCD『花よ 大地よ 月よ 銀河よ』のメイントラックとして収録した。

          このCDは80年代に下北沢に住んでいて、自殺してしまった友人の逝去から20周年というタイミングで制作したもので、2003年11月23日には、松崎さんのご厚意を受け、Never Never Landで追悼のイヴェントも開催させていただいた。
          ところが2004年4月30日に、その松崎さんが逝去。
          その年の11月29日には、高円寺の稲生座で松崎さんのお通夜の場で僕の歌にギターで寄り添ってくれた大谷令文と共に、KALAS&志田歩Presents“月を越えて、光の中へ”というタイトルで、KALASとのジョイント・ライヴを行っている。
          今回の“月を越えて、光の中へ in Shimokitazawa”というタイトルは、そうした流れがあって選んだものだ。

          今では僕自身が、松崎さんが亡くなった年齢となった。
          6月12日はそんな思いを噛み締め、なおかつ現在の五人編成の志田歩&Teazer ならではの選曲で臨みたいと思っていますので、よろしくお願いします。








          posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          4/10「下北澤乃乱II」ご報告
          0
            今年1月17日に行った「平成27年 下北澤乃乱」のアンコール編。 前回と同じ顔合わせだけに、それぞれ前回とちがう味をどう出すか、という設定の中、 よしひらみずとはクラリネット奏者の新井田美里とのデュオで、後半は新井田がピアノを担当しハンドマイクで歌う場面も。弾き語りとは異なる形でメロディメイカーとしての資質を打ち出していた。

            SADAは洋楽のカヴァーに、日本語を織り交ぜて異化するアプローチで笑いをとりつつ、ブルースビンボーズの「Ghetto Fighters」も!


            別に示し合わせていたわけではないのだが、転換中のSEに「無境界の愛」を持ち込んでいたこともあって、リラックスしながら盛り上がりながら自分の出番を迎えることができた。

            セット・リスト
            1 手頃な免罪符
            2 ナーダム〜裸のワルツ
            3 HOME SWEET HOME
            4 最後のライオン
            5 地上のリンカク
            6 陽気なプリズナー
            7 レッスン1
            8 アモーレ下北

            アンコール Love is a Mystery

            志田歩&Teazer は、加藤志乃ぶを擁する正規の五人編成では今年初ということもあって、ツイン・ヴォーカルの「手頃な免罪符」から始めさせてもらいました。




            初めてご来場の方も多く、張り切ったステージにできたと思います。
            ご来場の皆様、出演してくれた皆様だけでなく、打ち上げなどでお店からも続編のリクエストと同時に多大なご支援をいただきました。
            どうもありがとうございます。

            次回ライヴ
            6月12日(金)バラックブロックカフェ
            KALAS’(KALAS vo.&a.g. 山田淳 a.g. 金澤博文 perc.)とのジョイントで五人編成の志田歩&Teazer で臨みますので、よろしくお願いします。




            posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            4/10「下北澤乃乱II」ご案内
            0


              2015年04月10日(金)下北沢music bar rpm
              「下北澤乃乱II」
              開場19:00 開演19:30
              チャージ1500円+オーダー
              出演:志田歩&Teazer 、SADAよしひらみずと

              今年1月17日に行ったライヴ企画「平成27年 下北澤乃乱」が、嬉しいことに様々な方面からアンコールを求めるお声をいただいたのを受け、このたびその続編「下北澤乃乱II」を行うことになりました。
              フライヤーもお花見シーズンにふさわしいものにマイナー・チェンジしております。

              三組とも前回と同じ顔合わせとなりますが、それゆえにそれぞれが「前回の再現だけではすまされない」というハードルを背負うことになりますので、それぞれどんなステージとなるかご期待ください。
              ちなみに今回の志田歩&Teazer は、久々に加藤志乃ぶを含む正規の五人編成。この五人でなければ作れないアンサンブルに焦点を当てて臨みますので、よろしくお願いします!!

              以下は「平成27年 下北澤乃乱」における「アモーレ下北」の動画。









              posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2/25 Soulkitchenご報告
              0
                いろいろあって遅くなってしまいましたが、2/25のご報告です。
                伊藤孝喜と初めていっしょにライヴをやったのは18年前の1997年のTeaserの初陣。
                ということでかなりの付き合いになるわけですが、志田歩(vo,ag)with 伊藤孝喜(perc)という二人だけのコンビネーションでステージをやるのは実は初めて。
                ということで、選曲もパーカッションがあって映えるものを意識しました。


                セットリスト
                1 9月のカナリア
                2 恋のホットスポット
                3 裏切り者のテーマ
                4 裸のワルツ
                5 陽気なプリズナー
                6 光の中へ

                「9月のカナリア」は、この場所では初めてで、よしひらみずととの共作「裏切者のテーマ」も初お披露目。
                伊藤孝喜は店主の鳥井賀句さんからカフォンの演奏でこれでもかという位絶賛されていました。

                今回は演奏だけでなく、その前後に伊藤孝喜と志田歩&Teazerについてじっくり話す時間も持てた。
                その結果、次のライヴはこのようになりました!
                よろしくお願いします。

                2015年04月10日(金)下北沢music bar rpm
                「下北澤之乱 供
                チャージ1500円+オーダー
                出演:志田歩&Teazer 、SADA、よしひらみずと





                posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                2/19 志田歩&Teazer@新橋ZZご報告
                0
                  「平成27年 下北澤之乱」が満員御礼だったのに対し、動員は寂しかった。
                  だがバンドのアンサンブルは、グンとパワーアップというジレンマ。
                  演奏前は微妙な気分だったが、いざ始めてみたら、お客さんに加えお店のスタッフ、タイバンのKASHOWのみなさまの熱意のある反応に勇気づけられ、気が付いてみたらかな〜りテンションの高いライヴになっていた!


                  セットリスト
                  SE トゥナイト(イギー・ポップ)
                  1 誰もがキリスト
                  2 最後のライオン
                  3 Home Sweet Home
                  4 恋のホットスポット
                  5 カウンターの中で
                  6 陽気なプリズナー
                  7 ナーダム〜裸のワルツ
                  8 光の中へ

                  タイバンのKASHOWは全曲ロック・クラシックスのカヴァー。
                  初対面だったが凝った選曲とひた向きな愛情、キャリアに裏打ちされたしなやかな表現力で、素直に楽しませていただきました。特にバッド・カンパニーの「ロックンロール・ファンタジー」とか、ヴォーカルのノリの出し方は見事だった。その余波で、今はフリーをBGMにしながらこのブログを更新しております(笑)。
                  次のライヴは久々に伊藤孝喜とのデュオ!
                  こちらもよろしくお願いします。

                  ●2月25日(水) 新宿SoulKitchen 開演19:30 出演21:00
                  志田歩(vo,ag)with 伊藤孝喜(perc)
                  c/w 蓮沼ラビィ、次郎長
                  当日のみ1500円+オーダー








                  posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  コラボ実験と未知の衝撃を受けて(2/13 オープンマイクより)
                  0
                    2月13日 恒例の東新宿アコースティックアートのオープンマイク“TOMOの音楽夜会”へ。
                    今回の僕のテーマはよしひらみずととのコラボレーションにより書き下ろした新曲2つの初お披露目。
                    ということで、こんな選曲で臨みました。
                    1 恋のホットスポット
                    以下はよしひらみずとにギターを弾いてもらい、僕は久々にハンドマイクで。
                    2 裏切り者のテーマ(作曲:よしひらみずと 作詞:志田歩)
                    3 残念な人(作曲:よしひらみずと 作詞:志田歩)


                    やはりコラボレーションで曲を作ると、自分のイメージにない切り口を発見するきっかけとなる。
                    良い刺激を与えてもらいました。
                    これもよしひらみずとをはじめ、実験の場として使いやすい場をオーガナイズしてくださっているTOMOさんとジュンさんのおかげ。
                    ありがとうございます、贅沢させていただいています!!

                    この日はよしひらみずとの他、縄文ディラン、勝水楓子、渡邉康利などなどの常連さんが集い、充実したラインナップだったが、渡邉さんが紹介してくれた智之助というシンガー・ソングライターには、星野裕矢との出会い以来、最大の衝撃を受けた。演奏中には、ティム・ハーディン、フィッシュマンズ、友部正人など、さまざまなアーティストを連想したが、ギターのヴォイシング、淡々とした中に芯のあるグルーヴ、そして言葉と音と佇まいが一体となって引き込まれるトリップ感覚と世界観に場内大爆発!
                    こんな経験ができるのも、この場ならではの醍醐味。
                    来週、再来週のライヴにも、今回の衝撃は良い影響を与えてくれそうな気がする。
                    ということで、以下のライヴもよろしくお願いします。



                    ●2月19日(木) 新橋ZZ 開演(&出演)19:30
                    志田歩&Teazer〔志田歩、kubotti、西村雄介、伊藤孝喜〕
                    c/w KASHOW
                    予約2100円+オーダー 当日2600円+オーダー

                    ●2月25日(水) 新宿SoulKitchen 開演19:30 出演21:00
                    志田歩(vo,ag)with 伊藤孝喜(perc)
                    c/w 蓮沼ラビィ、次郎長
                    当日のみ1500円+オーダー







                    posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    拡散希望:シモキタ問題はいまこんなことに……!!
                    0



                      大変残念なお知らせをしなければなりません。

                      シモキタ問題の要ともいうべき補助54号線は、2006年に事業認可はされたものの、実際の事業の進展は大幅に遅れており、その事業の認可期限も今年3月いっぱいで切れるため、SHIMOKITA VOICE実行委員会をはじめとする人々は、これを見直しの好機として活用するように求めていました。
                      しかしそれにも関わらず、保坂展人世田谷区長が1月19日に補助54号線の期限延長申請をしていたことが発覚しました。
                      まさか「平成27年 下北澤之乱」の二日後にこんなことになるとは!

                      遡ってみるならば、東京都が補助54号線を事業認可したのも、“下北沢商業者協議会”主催のサウンド・パレード「下北INSIST!」を行った翌日の2006年10月18日のことでした。
                      保坂展人氏が現在の世田谷区長になったのは、2011年の東日本大震災の翌月に行われた世田谷区長選で、補助54号線に見直しを求める“Save the 下北沢”“下北沢商業者協議会”“まもれシモキタ!行政訴訟の会”などをはじめとする多くの市民運動団体が一丸となって彼を区長候補に擁立した結果ですが、行政が事態を強引に進めるパターンは、あの頃と変わっていないように感じられてなりません。

                      昨年の区議会のやりとりでも、区の職員は補助54号線の事業期限延長について言及していましたが、実際の権限を持っている保坂区長は、この件について具体的には発言していませんでした。
                      しかも腹立たしいのは、今回の期限延長申請を秘密裏に行っていた保坂区長が、日頃情報公開を公言していること。

                      そんな気持ちを噛み締めながら、「平成27年 下北澤之乱」における「アモーレ下北」の動画をアップしました。
                      シモキタ問題の要であり2011年の区長選挙の公約の要でもある補助54号線に関して、いまこうした事態を迎えているという事実を広く知っていただくためのツールとなればさいわいです。


                      なお、現在の下北沢の状況は、小田急線地下化に伴う跡地利用の問題も起きており、既存の団体だけでは対応が困難なため、新たなチーム作りが必要となっており、以下のような会合も予定しています。
                      今まで直接のご縁がなかった方々も、これをきっかけとしてご参加いただければさいわいです。
                       。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
                      下北沢地区小田急連立事業環境対策会議 第3回会合
                      1月28日(水曜日)午後6時より8時まで 於、北沢タウンホール11階 研修室
                      1、12月16日の保坂展人区長への申し入れとその対応について
                      2、300m空中回廊への対応、2月7日8日のオープンハウスについて
                      3、補助54号線の事業期限切れと区の再延長申請問題の対応について 
                      4.その他
                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      下北沢地区小田急連立事業環境対策会議
                      (事務局)電話03-3421-1801 伊藤隆允 携帯080−6550−1283 木下泰之


                      以下、2月のライヴ情報です。
                      ●2月19日(木) 新橋ZZ 開演19:30
                      志田歩&Teazer〔志田歩、kubotti、西村雄介、伊藤孝喜〕
                      c/w KASHOW
                      予約2100円+オーダー 当日2600円+オーダー

                      ●2月25日(水) 新宿SoulKitchen 開演19:30
                      志田歩(vo,ag)with 伊藤孝喜(perc)
                      c/w 蓮沼ラビィ、次郎長
                      当日のみ1500円+オーダー










                      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      1月17日 「平成27年 下北澤之乱」ご報告
                      0
                        「平成27年 下北澤之乱」、満員御礼申し上げます!
                        よしひらみずとSADA、志田歩&Teazer の三組がリンクし合うところから、この日ならではの場を創れたと思います。

                        よしひらみずとは、kubotti、伊藤孝喜とクラリネット奏者の新井田美里との四人編成。爽やかな風貌は相変わらずながら、アンサンブルにのせた歌声は、かつてなくディープな表情を出していた。
                        SADAは、野性動物のような直観力と凛々しい男気、そして愛らしいキャラクター性を全開にした弾き語りで、初めて観る観客をも見事に魅了してくれた。
                        そして志田歩&Teazerはこんな感じ。
                        セットリスト
                        1 誰もがキリスト
                        2 最後のライオン
                        3 Home Sweet Home
                        4 9月のカナリア
                        5 カウンターの中で
                        6 陽気なプリズナー
                        7 ナーダム〜裸のワルツ
                        8 光の中へ
                        9 アモーレ下北 with 木下泰之、SADA


                        木下泰之を呼び込んでの「平成27年 下北澤之乱」本編ラストの「アモーレ下北」。
                        いかしていかれたパフォーマーぶりに場内は沸騰!
                        SADAもそれに瞬時に反応して飛び入りで、さらなる盛り上がりに。

                        アンコール 唄のアジト

                        ご来場のみなさま、出演のみなさま、ありがとうございました!
                        初めてお世話になった下北沢music bar rpmは、今後も「唄のアジト」としてお付き合いさせていただくことになると思いますので、よろしくお願いします。

                        以下、2月のライヴ情報です。
                        ●2月19日(木) 新橋ZZ 開演19:30
                        志田歩&Teazer〔志田歩、kubotti、西村雄介、伊藤孝喜〕
                        c/w KASHOW
                        予約2100円+オーダー 当日2600円+オーダー

                        ●2月25日(水) 新宿SoulKitchen 開演19:30
                        志田歩(vo,ag)with 伊藤孝喜(perc)
                        c/w 蓮沼ラビィ、次郎長
                        当日のみ1500円+オーダー






                        posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |