Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    武道館にてお求めになれます
    0
      放送中にお伝えしましたが、「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」は、安全地帯の武道館公演当日発売。このたび武道館での販売が決定しました◯
      posted by: | 原稿 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      本日ラジオ生出演
      0
        今回は札幌のスタジオにて一時間生放送での出演です。
        もちろん「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」について、たっぷりお話させていただきますので、どうぞよろしく!
        09月28日(火)20:00〜21:00
        FM白石「安全地帯が最高でしょ」 83.0MHz
        札幌のコミュニティFMですが、他のエリアではネットで聴くことができます。
        http://www.830.fm/
        posted by: | 原稿 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        七尾旅人さんからコメントをいただきました
        0
          志田歩さんはベテランの音楽評論家らしいのだが僕にとっては10年程前の花見で二十歳そこそこの自分に絡んできたドヤ顔のオッサンであり、隠れた名盤「最後のライオン」を生んだ男だ。何も心配要らないさ、カウンターの中で俺が聴いてるよ!と連呼する志田さん。あんな不器用で愛しい歌を作る男が一生かけて追いかけている天才歌手、玉置浩二の本。面白いに決まってる。拝読します。
          by七尾旅人

          僕の文章と音楽の両方を面白がってくれている七尾さんならではの応援コメント!
          本当にありがとうございます!!
                                                                    
          「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」は、安全地帯の武道館公演当日の10月5日に、イースト・プレスから発売になります!


          2010年10月05日発売
          定価1500円(本体+税)
          発行所&問い合わせ イースト・プレス

          2006年の「玉置浩二 幸せになるために生まれてきたんだから」の改訂版。
          ただし、単純にちょっと手を加えたというような類いのものではありません。

          前回は5年間の取材の成果をまとめたものでしたが、
          「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」は、
          前回の本を出すまでに1998年以降、
          僕が玉置浩二、安全地帯について公式に発表してきた原稿を再収録。
          さらに2006年から2010年までのことを書き下ろし、50ページ以上の増ページ!
          1998年から現在にいたるまで、
          ひたすら「玉置浩二をミュージシャンとして評価するべきだ」と繰り返してきた
          12年間の集大成となりました。

          前回の本を読んでいただいた方が手にしても、必ず新しい発見がある「完全版」です。
          posted by: | 原稿 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          本日ラジオ出演
          0
            今晩8時からFM白石で放送される「安全地帯が最高でしょ」に出演します。
            「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」についてお話させていただきますので、よろしくお願いします! 札幌近郊は83.0MHz  ネットはhttp://www.830.fm/
            posted by: | 原稿 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」発売予告
            0
              昨日の僕のステージでも発表しましたが、「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」が、安全地帯の武道館公演当日の10月5日に、イースト・プレスから発売になります!



              基本的には2006年に発表した「玉置浩二 幸せになるために生まれてきたんだから」の改訂版ですが、ちょっと手を加えたというものではありません。

              「玉置浩二 幸せになるために生まれてきたんだから」は、5年間の取材の成果をまとめたものでした。
              それに対し
              「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」は、前回の本を出すまでに玉置浩二、安全地帯について公式に発表した原稿を収録。さらに2006年から2010年までのことを書き下ろして、50ページ以上の増ページ!
              僕が公式に玉置浩二のことを書いた1998年から現在にいたるまで、ひたすら「玉置浩二をミュージシャンとして評価するべきだ」と繰り返してきた12年間の執念の集大成となっています。

              前回の本を読んでいただいた方が手にしても、必ず新しい発見があると確信している完全版。
              どうぞ、お楽しみに!!!
              posted by: | 原稿 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              動物園&シモキタ・ツアー
              0
                志田歩&Teazerのベーシスト、QREと共に、上野で待ち合わせ。
                昨日の安全地帯公演で再会したmomoさん、よしみさんと炎天下の上野動物園へ。

                これは2007年9月に旭川でライヴを行なった際、翌日に僕とQRE、そして久保昭二が、旭山動物園を案内してもらったお返しなのだ。
                そして夕方からはシモキタ・ツアー。
                観光とシモキタ問題をご理解いただくためのバランスをとって、以下のようなコースにしてみた。
                我ながらなかなか良いコース設定になったと思う。

                西口下車→鎌倉通り裏の隠れ密集商店→WE GO→東洋百貨店→内部通路を経てピーコックへ→駅前マーケット→本多劇場横を通過してディスク・ユニオン(Tシャツ販売機)→カトリック教会コリドー→タウンホール横の看板でシモキタ問題の概要説明→にしんばにて宴会→立ち飲み(なまず)にて二次会

                さらに二次会の途中でBBSでお馴染みのぼっこさんが現れ、momoさん、よしみさんと安全地帯をテーマにした熱いエールのやり取りを交わというステキなハプニングも。

                momoさん、よしみさん
                お疲れさまでした!

                立ち飲み(なまず)のマスター、やっちんからは「寿町行きますよ!」とのエールをいただいた。
                ありがと〜。
                さて、8/6は志田歩&Teazerのリハ、張り切っていこ〜!!
                                  *
                今後の志田歩&Teazerのライヴ
                8/12 第32回目寿町フリーコンサート
                8/25 新橋ZZ この日は浅川マキとの活動などで知られる萩原信義を擁する青組とジョイントさせていただきます。

                そして8/28、8/29はSHIMOKITA VOICE。こちらもよろしくです。
                posted by: | 原稿 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                田中裕二インタヴュー
                0
                  久々に訪ねたY's cafeにて、本日は安全地帯のドラマー、田中裕二さんにインタヴュー。
                  6時間もの間、お店にお邪魔してコアな話をたっぷりと!!!
                  知られざる驚愕の事実が次々と明らかにされ、編集者ともども息を呑む。

                  旭川時代の貴重な資料も拝見させていただくと、その中には志田歩&Teazerのベーシスト、QREの高校時代の情報もあった。
                  まるで誰かが今日のこの日のためにプログラミングしていたような展開。
                  必然という言葉が輝きを増した一日であった。
                                     *
                  今後の志田歩&Teazerのライヴ
                  8/12 第32回目寿町フリーコンサート
                  8/25 新橋ZZ この日は浅川マキとの活動などで知られる萩原信義を擁する青組とジョイントさせていただきます。
                  posted by: | 原稿 | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  六土開正インタヴュー
                  0
                    安全地帯の全国ツアーの合間を縫って、ベーシストの六土開正さんにインタヴュー。

                    取材場所は、な〜んと僕の部屋!

                    実は僕は六土さんには、大きな恩があって、改めてその時の感謝の気持ちを伝えることができたのも嬉しかった。
                    途中でQREが高校時代に在籍していた神居十字街の話題も出たり、CDのコレクションの話に及んだりと、音楽に関する気さくでピュアなやり取りをさせていただいた。
                    お人柄にますます惚れ込んでしまいます。

                    六土さん、猛暑の中、ご足労いただき、本当にありがとうございました!!

                    この原稿の発表については、もうちょいお待ちいただきますが、どうぞお楽しみに。
                    posted by: | 原稿 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    安全地帯Hits
                    0
                      僕の部屋のオーディオは、一時期調子が悪かったのだが、先週完全復活!!
                      業を煮やして新しいアンプを導入しようとして配線を換えていたら、いきなり絶好調になったのである。
                      というわけで今日は安全地帯に関する原稿を書きながら、『安全地帯Hits』をがんがん鳴らしていた。

                      ……あまりにも染みて来るのでビックリ。

                      長年のファンの方には不評を買うかも知れないが、玉置浩二3万字インタヴューなどで懺悔してきたように、僕が安全地帯に入り込む最大のきっかけは、『安全地帯Live』などにおけるリズムの魅力だった。
                      つまり「ワインレッドの心」をはじめとするその前のヒット曲には、僕はさほど強い思い入れを持っていたわけではない。
                      だが完全復活したオーディオセットで『安全地帯Hits』を聴くと、それらの楽曲にもまんまと持っていかれてしまう。

                      これは何故なんだ?!

                      オーディオセットが完全復活したせいなのか、80年代の僕が偏見に満ちていたのか、今の僕の状態が「Yのテンション」だからか、いやいや僕としてはウェブで見つけたホットエキスプレス・ミュージックマガジンのインタヴューで玉置自身が語っているように、今の安全地帯が往年のヒット曲を、かつて以上の表現力で奏でているためだと思うのだが……。
                      そう思って聴き較べてみたら、やはりヴォーカルが全然違う。

                      これはヤバい。
                      昔から知っていた人が、突如掛け替えのないパートナーだと気付いた、みたいな新鮮な驚きがある。

                      ちなみに今日書いていた原稿を、どういう形で発表することになるのかは、近々きちんと発表できると思いますので、ご期待下さい。
                      posted by: | 原稿 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      安全地帯とECD
                      0
                        今月発売のMUSIC MAGAZINE7月号で僕がディスク・レビューを書いたのは、安全地帯とECD。
                        書いている時からすごい組み合わせだと思っていたが、実際の誌面では、編集者が狙ったのか偶然なのか分からないけれど、なんと見開きで並んでいた!

                        アーティスト名があ行で50代の男性という共通項はあるものの(笑)、両者のパブリック・イメージとかスタンスは両極といってもいいほど異なる。

                        でも振り切れ方が徹底している凄みという点では、なんか通じるものがあるように思えてならない。
                        こういう「フェチ」って、少数派ですかね?
                        posted by: | 原稿 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |