Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    思ってもいなかったところへ〜「下北澤乃宴」ご報告
    0
      2011年に下北沢で出会った星野裕矢との5回目のジョイント。
      この場を共有してくれる人にとって忘れがたい夜にしたかった。
      思ってもいなかったところへ。
      思い描いたことを青写真のように再現するのではなく、アイデアの連鎖で思ってもいなかったところへ!

      事前に僕の念頭にあったキーワードは、「5年間」と「下北沢」。
      そこで僕と裕矢の来場者へのメッセージを直筆サインを付けて配布しようと思い立ったところ、
      「単にチラシを渡すのではなく、封筒に入れた方が良い」
      「封筒にチラシだけなんて無愛想過ぎる」
      などなど、周囲から様々なアイデアが寄せられ、クリエイティヴなグルーヴが生じた。
      結果、こんな特性パッケージのチョコレートをメッセージに添えることに。




      今回は志田歩&Teazerではなく、kubottiがギターとドラムを持ち替える4人体制ということで、選曲と曲順も何度も練り直し、スタジオでの試行錯誤を経て、「5年間」と「下北沢」というテーマに見合うものに組み立てていった。kubotti、西村雄介、斉藤トオルは、この厄介なプロセスにしっかり付き合ってくれた。

      先行の星野裕矢は弾き語り。
      フライヤー制作の時点で僕が勝手に期待していた「櫻」をやってくれたのが、特に嬉しかった!
      そして僕らのステージは、以下のような特殊なものに。

      志田歩セット・リスト
      SE FIVE YEARS(デヴィッド・ボウイ)
      1 世界で一番間の悪い男 
      2 陽気なプリズナー
      3 バディ パート3
      4 いつものように
      5 手頃な免罪符(ブルースビンボーズ)
      6 誰もがキリスト
      7 裸のワルツ
      8 光の中へ
      9 アモーレ下北
      10 いつかの君(佐野元春)
      11 ハッピーエンドを蹴飛ばして
      フィナーレ カウンターの中で(with 星野裕矢)
      SE Rock 'n' Roll Suicideアウトロ(デヴィッド・ボウイ)

      1 with kubotti(g)
      2、3 with kubotti(g)、西村雄介(b)、斉藤トオル(key)
      4〜11 with kubotti(ds)、西村雄介(b)、斉藤トオル(key)



      裕矢、kubotti、ユーピン、トオルさん、おつかれさま!
      SEや来場者へのプレゼント配布など、面倒くさいお願いを快く引き受けて下さった下北沢Music Bar rpmのスタッフの皆様、そしてなんといっても忘れがたい場を共有していただいたご来場の皆様、ありがとうございました!




      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      5年間
      0
        3月11日。
        あれから5年。
        皆さんにとって、この5年間はどんな時間だったでしょうか?



        被災された方のことを考えると、「あまり大げさなことは…」とも思いますが、ひとことで自分の印象を言ってしまうと“終わりなき非日常”でした。
        それほどこの5年間は、大状況が揺れ動いた時期だったので、僕以外にもそんなふうに感じられた方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

        個人的には、母が突然他界したのも2011年でした。
        正直言って当時は、自分がこれからどんどん老けていくことを想像すると、「これから先に良いことなんて、あるのだろうか?」という虚無的な気分に陥ったりもしたし、自分自身が父親の享年に近づいていたこともあって、5年後の自分をイメージできず、その時しかできないことに闇雲に向かっていきました。
        今となると、そこにはどこかしんどい日常から目を逸らしていた部分もあったように思います。

        だがそんな2011年に、僕は星野裕矢と出会っています。
        「これから先に良いことなんて、あるのだろうか?」という虚無モードの自分にとって、親子ほどに歳の離れた星野裕矢という素晴らしいミュージシャンの成長を見ることができるという思いは、将来に向けてのかけがいのない希望ともなりました。

        あれから5年。
        2016年3月、僕は誕生日を迎え、父親の年齢を越えた。
        星野裕矢は目覚ましい活躍を行なっている。
        そして3月26日、「下北澤乃宴」と銘打って、星野裕矢とのジョイント・ライヴを行ないます。
        今回、僕のステージを助けてくれるのは、kubotti、西村雄介、斉藤トオルという贅沢な顔ぶれ。
        会場は昨年「下北澤乃乱」でお世話になった下北沢Music Bar rpm
        この5年間の節目とするべく取り組みますので、よろしくお願いします!

        なお、僕の誕生日に際しては、多くのメッセージありがとうございました。
        多忙な日々が続いており、それぞれにきちんとお答えすることができないのは、心苦しいところですが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。



        「下北澤乃宴」
        ●3月26日(土)OPEN18:30 START19:00
        ●出演:星野裕矢、志田歩〔with kubotti(g,ds)西村雄介(b)斉藤トオル(key)〕
        ●会場:下北沢Music Bar rpm
        ●チャージ:予約2500円+オーダー 当日3000円+オーダー
        ●予約受付:shidaayumi@gmail.com
        ●facebook:https://www.facebook.com/events/1220859921274732/


        posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        告知:3月26日「下北澤乃宴」 星野裕矢とのジョイント・ライヴ!!
        0


          昨年9/1の“星野裕矢 meets 志田歩 in 下北沢”は、星野裕矢が僕を招いてくれましたので、今回は僕が星野裕矢を招き、二組の演奏をじっくり聴いていただこうと思います。
          よろしくお願いします!!

          「下北澤乃宴」
          ●3月26日(土)OPEN18:30 START19:00

          ●出演:星野裕矢、志田歩〔with kubotti(g,ds)西村雄介(b)斉藤トオル(key)〕

          ●会場:下北沢Music Bar rpm

          ●チャージ:予約2500円+オーダー 当日3000円+オーダー

          ●予約受付:shidaayumi@gmail.com
          ●facebook:https://www.facebook.com/events/1220859921274732/






          posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ご報告:10/29 志田歩 with kubotti@新宿スモーキン・ブギ
          0
            TOMOの音楽夜会】で出会ってから、お世話になっている渡邉康利さん主催の“カタマリナイト vol. 3 〜ユニット対決編〜”にお招きいただいた一夜。
            初対面になるのはスリー・ピースのブルース・ロック・バンド、The Memphis Bell。
            他は格夢(加藤格と藤原拓夢)、渡邉康利+本屋という顔見知りの出演者だが、自分達の作風をご存知なのは渡邉さんのみ、という状況の中、第一印象を持っていただくにふさわしい選曲をと考えて臨んだ。

            志田歩 with kubotti セットリスト
            1 Home Sweet Home
            2 恋のホットスポット
            3 裸のワルツ
            4 カウンターの中で
            5 陽気なプリズナー
            6 光の中へ
            7 いつかの君



            今回は立ちでステージ上を動き回りながら演奏し、体を揺らしてくれる方やいっしょに歌ってくれる方の表情を見ながら、フレーズごとに場内に染みていく模様を肌で感じることができる幸福な体験となった。観客の大半は初対面だったが、出会いのきっかけとなったTOMOさんの姿も。渡邉さんの場を創る力のおかげで、伸び伸び&堂々と演奏することができたと思う。
            終演後に出演者同士でいろいろと語り合うことができたのも楽しかったです。
            みなさま、どうもありがとうございました!
            なお、12月2日に行なわれる渡邉さん企画“カタマリ祭り”にも参加させていただくことになりましたので、詳細は追って。





            posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ご報告:10/29 志田歩 with kubotti@新宿Soulkitchen
            0
              今月のライヴは、個人的に感慨深いものとなった。
              54歳で他界した父親の命日にあたる10月12日、現在54歳の僕は雑居まつりのステージでこんなことをやっていた。



              そして10月29日は母親の命日。
              この偶然を自分なりにステージに反映させてみようと思った。


              志田歩 with kubottiセット・リスト
              SE ロック詩人の聡明な野性を讃えて(志田歩 with 斎藤トオル)
              1 世界で一番間の悪い男
              2 いつかの君
              3 ハッピーエンドを蹴飛ばして
              4 バディ Part3
              5 陽気なプリズナー
              6 最後のライオン
              7 Love is a Mystery

              自分の親をテーマにした曲は、いまだに書けていない。
              にもかかわらず、この日に限っては母親に向けて歌ってみようと思ったら、なんと客席にはその母親を慕ってくれていた従姉妹がフランスからやってきているという偶然も……。

              今回の共演者は、すっかりお馴染みになった蓮沼ラビィさん、そして初対面で沖縄出身の玉城まさゆきさんという予定だったが、店主である賀句さんのイキなはからいで、急遽SADAもトップで出演することに!
              ステージの上でも外でもいつもまわりをハッピーにしてくれる彼と場を共にできるのも嬉しかった。
              彼がライヴで聴き取って、即座にfacebookにのせてくれていた「世界で一番間の悪い男」の歌詞を掲載しておきます。ありがとう、SADA!!

              「世界で一番間の悪い男」 作曲:斉藤ケーシン 作詞:志田歩

              Ah 大事なことは  いつも言いそびれていた
              Ah 無くさなければ 分からないことばかりさ
              間の悪いこの俺は  その度に悔やんでみても
              同じ過ちを     気がつけば繰り返すばかり
              アー大事なことは  君に言いそびれていた

              駆け引きしてるわけじゃない
              困らせたいわけじゃない
              意地を張る気もないままに
              いいわけするのが下手なだけ
              俺は世界で一番間の悪い男なのさ

              Ah 大事なことは  いつも言いそびれていた
              Ah 無くさなければ 分からないことばかりさ

              You're so far away,You're so far away,
              You're so far away,You're so far away, Oh Oh Oh
              You're so far away,You're so far away,
              You're so far away,You're so far away, Oh Oh Oh

              玉城まさゆきさんのステージの途中で、ポルターガイストじみた(笑)ハプニングがあり、その場で玉城さんは「お母さんの命日だってね、きっと来てくれてるよ!」と、僕に語りかけてくれた。イキなお方だなと思ったら、なんと彼自身も身内にご不幸があったばかりと後で知った。これもまた巡り合わせというものかも知れない。

              トリは蓮沼ラビィさん。
              彼女との最初の出逢いの時も、共に学生時代に他界した友人が、自分達の歌の原点になっていることで驚いたことを思い出す。この日の彼女のステージでは、特にラストの「3・11に生まれた友へ」に共感した。

              次のライヴは来週。
              渡邉康利さん主催の“カタマリナイト”に出演させていただきます。
              選曲はガラリと変え、この場ならではのステージにしますので、よろしくお願いします。

              ○11月07日(土)新宿スモーキン・ブギ 志田歩 with kubotti
              tel: 03-3353-8993 19時開場 19時半開演
              チャージ¥2000+ドリンク代
              c/w メンフィスベル、格夢(加藤格+藤原拓夢)、渡邉康利+本屋





              posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              雑居まつりご報告
              0
                順延され10月12日に行なわれた第40回雑居まつりのご報告です。
                “Save the 下北沢”のブースはこんな感じ。


                ブースの右端にドーンと鎮座しているのは、“らぷらすさん”。
                今回のミッションはふたつ。
                まず、らぷらすの移転計画に関する説明会の広報。

                そしてらぷらすの移転計画について、利用登録団体や区民との合意形成を求める署名活動である。

                メインステージは、曲間のトークに“らぷらすさん”、「下北沢らぷらす移転再考を求める区民の会」の共同代表の石川くみ子、そして岩井ゆうきを迎えてらぷらすの移転計画に関するアピール。
                岩井ゆうきは以前僕が「バーレスQ〜シモキタ駅前伝説〜」の脚本を提供した劇団ほぼ無職の主宰であり、下北沢カレーフェスティバルの仕掛人でもある。この日は「カウンターの中で」をデュエット。2013年2月23日の“無職FES”以来の共演となった。


                メインステージ
                1 ハッピーエンドを蹴飛ばして
                2 唄のアジト
                トーク (with 石川くみ子、岩井ゆうき、“らぷらすさん”)
                3 カウンターの中で (with 岩井ゆうき)
                4 アモーレ下北   (with 石川くみ子、岩井ゆうき、“らぷらすさん”)

                午後は「核と戦争とくらしを考える広場」の中に設営した広場ステージでのパフォーマンス。


                広場ステージ
                1 最後のライオン
                2 裸のワルツ
                トーク (with 石川くみ子)
                3 アモーレ下北 (with 石川くみ子、“らぷらすさん”)


                ↓らぷらすの移転計画に関して10/28に開催される説明会の告知フライヤー


                ↓らぷらすの移転計画について、利用登録団体や区民との合意形成を求める署名用紙。
                (どちらもダウンロードしてご活用ください)



                以下は志田歩のライヴ情報です。
                ○10月29日(木)新宿Soulkitchen     志田歩 with kubotti
                チャージ¥1500+ドリンク代
                c/w 蓮沼ラビィ、玉城まさゆき
                ○11月07日(土)新宿スモーキン・ブギ 志田歩 with kubotti
                tel: 03-3353-8993 19時開場 19時半開演
                チャージ¥2000+ドリンク代
                c/w メンフィスベル、格夢(加藤格+藤原拓夢)、渡邉康利+本屋






                posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                雑居まつり続報
                0
                  10/12に順延した雑居まつりでの僕のメイン・ステージは、10時25分〜55分へと変更になりました。 演奏時間も延びたので、本日新たな仕込み中です。 よろしくお願いします!
                  posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  10/11 雑居まつりに出演します
                  0
                    羽根木公園で毎年開催されてきた雑居まつり
                    第40回目を迎える今年の10月11日、久々に出演します。
                    メイン・ステージは10時45分から、
                    「核と戦争とくらしを考える広場」内の広場ステージは13時20分から。
                    それ以外の時間は、基本的に“Save the 下北沢”のブース(案内図H-3)におりますので、お立ち寄りの際は、声をかけてください。
                    らぷらす移転に関する説明会の告知フライヤーも配布する予定です。
                    *開催時間は10時〜16時
                      *荒天の場合は12日に順延します。
                    天候の具合が開催するかどうか不安な場合は、10/11の午前7時に雑居まつりブログ(http://zakkyo.blog133.fc2.com/)にて開催か順延かを発表しますので、ご確認ください。
                    *雑居まつり会場での食事は、ゴミ対策のため、食器を持参して場内の売店で食品を購入することを、実行委員会が推奨しています。


                    以降のライヴ・スケジュールは以下、こちらもよろしくお願いします!
                    10月29日(木)新宿Soulkitchen     志田歩 with kubotti
                    11月07日(土)新宿スモーキン・ブギ  志田歩 with kubotti







                    posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    9/1 “星野裕矢 meets 志田歩 in 下北沢”ご報告
                    0
                      今回の企画は星野裕矢の発案により、演奏だけでなくシンガー・ソングライターをテーマにしたトーク・ライヴとライヴ演奏で構成するというユニークなものに。さらに前夜の三軒茶屋ライヴの打ち上げの場で、急遽m.c.A・Tが、星野裕矢へのあつき愛情によりゲスト参加を表明!

                      ということで、僕自身もビックリするような豪華絢爛、見どころ満載のミラクルな一夜に。
                      まずはトーク・ライヴ。ラウンのステージが「裕矢の部屋」と化した。


                      途中からm.c.A・Tを呼び込み、三人のトーク・セッションに。
                      偶然にも僕は彼と同い年。
                      メインストリームをずっと突っ走ってきたクリエイターの当事者である彼が加わってくれたおかげで、日本のポピュラー音楽史を振り返る視点が、複合的にスリリングになったと思う。


                      そしてライヴの先攻は志田歩 with 齊藤トオル  ゲスト:加藤志乃ぶ 


                      今回はシンガー・ソングライターをテーマにしたトーク・ライヴにちなんで、佐野元春のオフィシャル・サイトに掲載していただいている「ロック詩人の聡明な野性を讃えて」を、スポークン・ワード・スタイルでライヴの場でお披露目し、そのまま『BLOOD MOON』の収録曲「いつかの君」のカヴァーに繋げるという試み。齊藤トオルのミラクルな演奏のおかげで新しい領域に踏み込むことができたと思う。
                      ラスト2曲は加藤志乃ぶを呼び込み、シンガー・ソングライター同士のコラボレーションで締め。

                      志田歩 with 齊藤トオル  ゲスト:加藤志乃ぶ セットリスト
                      1 誰もがキリスト(ブルースビンボーズ)
                      2 陽気なプリズナー
                      3 いつものように
                      4 ロック詩人の聡明な野性を讃えて(spoken word)
                      5 いつかの君(佐野元春)
                      6 ハッピーエンドを蹴飛ばして with 加藤志乃ぶ
                      7 手頃な免罪符 with 加藤志乃ぶ

                      後攻の星野裕矢は、バンド編成だった昨晩とはがらりと変わってピンの弾き語り。
                      僕との繋がりで久々に星野裕矢を見た人にも、彼の音楽的体力の目覚ましい成長ぶりは一目瞭然。
                      m.c.A・Tを呼び込む直前に、10代の頃に彼が歌っていたという「『いちご白書』をもう一度」をやったりと、選曲もこの場ならでは。
                      そしてm.c.A・Tもやはり弾き語りだが、歌い出す瞬間のヴォイスのエフェクトで、ガツンとメジャー感に満ちたインパクトを放つ。その一撃だけでもメインストリームでずっと作品を生み続けてきた男の凄みを感じた。しかも退院直後にも関わらず、今夜は星野裕矢のためにひとはだ脱ぐという愛情豊かなイキな男でもある。
                      そしてもう一度星野裕矢が登場し、「アイヱ」で本編を締め、アンコールはユーミンの「海を見ていた午後」。シンガー・ソングライターというお題を大事にしたフィナーレだった。

                      企画に誘ってくれた星野裕矢をはじめ、m.c.A・T、そして齊藤トオル、加藤志乃ぶ、ラウンの皆様とご来場のみなさま、まことにありがとうございました。 その後の店内打ち上げも盛り上がり〜!
                      出演者五人の集合写真です。


                      次回の僕のライヴは、10月29日(木)新宿Soulkitchen
                      志田歩 with kubottiで行ないますので、よろしくお願いします。






                      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      告知:9月1日“星野裕矢 meets 志田歩 in 下北沢”
                      0
                        残暑お見舞い申し上げます。
                        熱中症にやられてのたうちまわっておりました。
                        なんとか回復してきましたが、みなさまもお気をつけください。

                        久々にライヴの告知です。
                        今回は星野裕矢とのジョイント!
                        僕のセットはピアニスト斉藤トオルとのデュオでゲストに加藤志乃ぶも迎える編成でお送りします。
                        さらに今回は星野裕矢のリクエストにより、互いの演奏だけでなく、対談形式によるシンガー・ソングライターについてのトーク・ライヴも行ないます。
                        *申し込みが30名に達した段階で、予約を締め切らせていただきます。

                        9月1日(火) 19時開場 19時半開演
                        “星野裕矢 meets 志田歩 in 下北沢”

                        会場:下北沢ラウン
                        チャージ:2000円+オーダー
                        出演:星野裕矢、志田歩 with 齊藤トオル (+加藤志乃ぶ)

                        トーク・ライヴあり
                        限定30名
                        予約申込み shidaayumi@gmail.com











                        posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |