Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    早川義夫と中村 中@HOBO CONNECTION 2017 〜PIANO SINGERS〜
    0
      時として、その存在を知った瞬間から夢想してしまうアーティストの組み合わせというものがある。
      僕がシングル「りんご売り」で中村 中の存在を知ったのは、今から10年前のことになるが、その瞬間から「彼女と早川義夫が出会ったらどんなことになるのだろう?」と想像をたくましくしていた。



      そして昨晩、そんな妄想が現実のものとなった!

      会場は渋谷のLast Waltz by shiosai。
      シンガー・ソングライターのリクオが主催する“HOBO CONNECTION 2017 〜PIANO SINGERS〜”という企画の中の出来事だった。
      種ともこ、中村 中、早川義夫、リクオの四人が、順番にピアノの弾き語りで競演する企画だが、単なる対バンではない。CONNECTIONとあるように、それぞれの出演者が入れ替わる際にセッションを披露し、最後は全員でという構成である。中村 中と早川義夫のセッションは、中村 中の出番の終わり際。
      中村 中のリクエストでパパをデュエットで聞かせてくれた。
      早川義夫は「この曲でのセッションの申し出は今までなかった」と非常に嬉しそう。
      youtubeでも「パパ」がどんな曲か確認する事ができるが、これを二人で歌うとどんな風になるか、……ぜひ想像していただきたい。



      濃密な背徳感を感じながらも感涙してしまうのは、この曲が人間の業や性(サガ)を哀しみと共に祝福しているからではないか……などと思う。
      それにしてもセッションでこんな曲を提案する中村 中の嗅覚は凄い。
      さらに“HOBO CONNECTION”という形で、こうした場を作ってホスト役を務めるリクオの采配も素晴らしい。彼の純粋に音楽を愛する志あってこその賜物だ。
      時として、たった1曲で状況をガラッと変えてしまうような力が音楽にあるということを改めて肝に銘じた。
      素晴らしい一夜に参加させていただき、ありがとうございました。
      posted by: 志田歩 | 中村 中 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:25 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/882
        トラックバック