Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
1月10日に
0
    デヴィッド・ボウイの一周忌にあたる1月10日。
    正午から天王洲アイルで開催されている“DAVID BOWIE is”へ。



    命日ということもあってか平日の昼であるにもかかわらず凄い賑わい。
    場内にトイレがなく、トイレに行きたい人でも再入場不可というのは閉口したが、展示内容はさすがに充実しており、感慨に耽りながら約4時間ほど、ボウイの世界を満喫。

    そして下北沢に。
    「6F comp. & 5F RHAPSODY presents〜DAVID BOWIE 1st Memorial Night」のライヴ・トーク。
    今回このイヴェントに招かれるきっかけは、一年前に訃報を聞いた直後の夜に遡る。これも下北沢時代の貴重な体験となった。 この場ではイヴェントの一環としてfacepaintingがあったので、こんなことに……



    DJのumepon氏の質問に答える形で行ってきたばかりの“DAVID BOWIE is”の報告も含め、お話しさせていただいた。高校生の時に僕は、ボウイの音楽が、受け手にとって一対一で迫ってくるものとして感じ、音楽の聴き方が変わってしまうほどの衝撃を受けた。それを言語化しようと試みる機会になったように思う。

    イヴェント終了後は、comp.の主とこんなツーショット。期せずしてデヴィッド・ボウイとルー・リードが互いの胸元で並んでおります。



    スタッフの皆様、ご来場の皆様、ありがとうございました!

    なお、2/25の土曜日、新宿SoulKitchenにて、昨年末からスタートした新プロジェクト、31世紀ファクトリーのライヴを行います。詳細はまた改めて、ということでよろしくお願いします。




    posted by: 志田歩 | 原稿 | 04:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 04:14 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/876
      トラックバック