Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    5/27 志田歩 with kubotti @新宿ソウルキッチンご報告
    0
      先月ソロ弾き語りでお世話になったソウルキッチンに今回はデュオで。
      共演者のうちラビィさんはもうお馴染みだが、じゅんじゅんは先日のオープンマイクで知り合ったばかり。
      オープニングは唯一初対面のライジング・マツ。アジアン・テイストの作風に共感する部分あり。特に彼自身のルーツを歌ったと思われる「当代島から」が印象に残った。終演後お話したところ、やはり!! とシンクロする部分があって、短いやり取りながらもあっというまに打ち解けてしまった。
      二組目のじゅんじゅんは、基本的に歌詞の内容は不穏なものばかりだが、ラストの「スタンガン」はミニマルなギターのフレージングが効果的で、ついつい脳内で反芻してしまう。先日のオープンマイクでの曲もあったが、パワフルな声をコントロールする精度が先日とは格段に違う。そのギャップにも驚かされたが、どうやら先日は、かなりアルコールを召していた模様(笑)。
      三組目は志田歩 with kubotti。
      前回制作途中の段階だった「新しいゲーム」は、スタジオでkubottiとのやり取りによって、ヴァージョンアップしたものをお披露目できたのが嬉しかった。



      志田歩 with kubotti セットリスト
      オープニングSE FRB(THE FOOLS)
      1 陽気なプリズナー
      2 不屈の民〜裸のワルツ
      3 最後のライオン
      4 新しいゲーム
      5 バディ PART3
      6 いつかの君
      7 光の中へ

      トリはお馴染み蓮沼ラビィ!
      「3・11に生まれた友へ」のピュアなオーラを噛み締める一方、ステージ中のMCからの掛け合いが発展して将来ご一緒させていただくイヴェント名が決定した模様。
      題して“地獄の義兄弟!”
      ほんとか?
      その際もどうぞよろしくお願いします(笑)。






      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 16:18 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/863
        トラックバック