Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    思ってもいなかったところへ〜「下北澤乃宴」ご報告
    0
      2011年に下北沢で出会った星野裕矢との5回目のジョイント。
      この場を共有してくれる人にとって忘れがたい夜にしたかった。
      思ってもいなかったところへ。
      思い描いたことを青写真のように再現するのではなく、アイデアの連鎖で思ってもいなかったところへ!

      事前に僕の念頭にあったキーワードは、「5年間」と「下北沢」。
      そこで僕と裕矢の来場者へのメッセージを直筆サインを付けて配布しようと思い立ったところ、
      「単にチラシを渡すのではなく、封筒に入れた方が良い」
      「封筒にチラシだけなんて無愛想過ぎる」
      などなど、周囲から様々なアイデアが寄せられ、クリエイティヴなグルーヴが生じた。
      結果、こんな特性パッケージのチョコレートをメッセージに添えることに。




      今回は志田歩&Teazerではなく、kubottiがギターとドラムを持ち替える4人体制ということで、選曲と曲順も何度も練り直し、スタジオでの試行錯誤を経て、「5年間」と「下北沢」というテーマに見合うものに組み立てていった。kubotti、西村雄介、斉藤トオルは、この厄介なプロセスにしっかり付き合ってくれた。

      先行の星野裕矢は弾き語り。
      フライヤー制作の時点で僕が勝手に期待していた「櫻」をやってくれたのが、特に嬉しかった!
      そして僕らのステージは、以下のような特殊なものに。

      志田歩セット・リスト
      SE FIVE YEARS(デヴィッド・ボウイ)
      1 世界で一番間の悪い男 
      2 陽気なプリズナー
      3 バディ パート3
      4 いつものように
      5 手頃な免罪符(ブルースビンボーズ)
      6 誰もがキリスト
      7 裸のワルツ
      8 光の中へ
      9 アモーレ下北
      10 いつかの君(佐野元春)
      11 ハッピーエンドを蹴飛ばして
      フィナーレ カウンターの中で(with 星野裕矢)
      SE Rock 'n' Roll Suicideアウトロ(デヴィッド・ボウイ)

      1 with kubotti(g)
      2、3 with kubotti(g)、西村雄介(b)、斉藤トオル(key)
      4〜11 with kubotti(ds)、西村雄介(b)、斉藤トオル(key)



      裕矢、kubotti、ユーピン、トオルさん、おつかれさま!
      SEや来場者へのプレゼント配布など、面倒くさいお願いを快く引き受けて下さった下北沢Music Bar rpmのスタッフの皆様、そしてなんといっても忘れがたい場を共有していただいたご来場の皆様、ありがとうございました!




      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:28 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/854
        トラックバック