Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    5年間
    0
      3月11日。
      あれから5年。
      皆さんにとって、この5年間はどんな時間だったでしょうか?



      被災された方のことを考えると、「あまり大げさなことは…」とも思いますが、ひとことで自分の印象を言ってしまうと“終わりなき非日常”でした。
      それほどこの5年間は、大状況が揺れ動いた時期だったので、僕以外にもそんなふうに感じられた方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

      個人的には、母が突然他界したのも2011年でした。
      正直言って当時は、自分がこれからどんどん老けていくことを想像すると、「これから先に良いことなんて、あるのだろうか?」という虚無的な気分に陥ったりもしたし、自分自身が父親の享年に近づいていたこともあって、5年後の自分をイメージできず、その時しかできないことに闇雲に向かっていきました。
      今となると、そこにはどこかしんどい日常から目を逸らしていた部分もあったように思います。

      だがそんな2011年に、僕は星野裕矢と出会っています。
      「これから先に良いことなんて、あるのだろうか?」という虚無モードの自分にとって、親子ほどに歳の離れた星野裕矢という素晴らしいミュージシャンの成長を見ることができるという思いは、将来に向けてのかけがいのない希望ともなりました。

      あれから5年。
      2016年3月、僕は誕生日を迎え、父親の年齢を越えた。
      星野裕矢は目覚ましい活躍を行なっている。
      そして3月26日、「下北澤乃宴」と銘打って、星野裕矢とのジョイント・ライヴを行ないます。
      今回、僕のステージを助けてくれるのは、kubotti、西村雄介、斉藤トオルという贅沢な顔ぶれ。
      会場は昨年「下北澤乃乱」でお世話になった下北沢Music Bar rpm
      この5年間の節目とするべく取り組みますので、よろしくお願いします!

      なお、僕の誕生日に際しては、多くのメッセージありがとうございました。
      多忙な日々が続いており、それぞれにきちんとお答えすることができないのは、心苦しいところですが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。



      「下北澤乃宴」
      ●3月26日(土)OPEN18:30 START19:00
      ●出演:星野裕矢、志田歩〔with kubotti(g,ds)西村雄介(b)斉藤トオル(key)〕
      ●会場:下北沢Music Bar rpm
      ●チャージ:予約2500円+オーダー 当日3000円+オーダー
      ●予約受付:shidaayumi@gmail.com
      ●facebook:https://www.facebook.com/events/1220859921274732/


      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:59 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/853
        トラックバック