Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    「デヴィッド・ボウイの訃報に接して」の後日談
    0
      ミュージック・マガジン3月号が発売になった。



      この号で僕はデヴィッド・ボウイのパブリックな追悼文を書かせてもらったが、その記事を書く上でお世話になったのが、このブログで書いた「デヴィッド・ボウイの訃報に接して」に出てくるcomp.というお店。
      ということで、お店にお礼を言いに行ったところ、店主は開口一番「今日買ったばかりで、お店の常連さんにも伝えていたんです!」とのこと。なんでも1月11日以降、お店ではずっとボウイの音楽を流しているとのことで、実際のところ今日もボウイの映像が流れていた。
      彼と過ごさせてもらった1月11日の夜は、極私的にとても大切な時間だった。
      おそらく彼もそんな気持ちを持ってくれているのだろう。

      振り返ってみれば、以前、浅川マキの追悼文をやはりミュージック・マガジンで書かせてもらった時は、レディ・ジェーンというお店の店員さんからのお話に大きな示唆を受け、やはり掲載号が発売された時に、お礼を言いに行ったのだった。
      下北沢の音楽文化にいかに深くお世話になっているのかと、自分でも改めて驚いてしまうが、こうした感謝の気持ちは、これからも大切にしていきたいと思う。


      以下は、やはりこの町でお世話になっている下北沢Music Bar rpmで、僕が企画したライヴ・イヴェント「下北澤乃宴」の情報。
      こちらもよろしくお願いします!



      ●3月26日(土)OPEN18:30 START19:00
      ●出演:星野裕矢、志田歩〔with kubotti(g,ds)西村雄介(b)斉藤トオル(key)〕
      ●会場:下北沢Music Bar rpm
      ●チャージ:予約2500円+オーダー 当日3000円+オーダー
      ●予約受付:shidaayumi@gmail.com
      ●facebook:https://www.facebook.com/events/1220859921274732/

      posted by: 志田歩 | 原稿 | 03:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 03:57 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/852
        トラックバック