Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ご報告:10/29 志田歩 with kubotti@新宿Soulkitchen
    0
      今月のライヴは、個人的に感慨深いものとなった。
      54歳で他界した父親の命日にあたる10月12日、現在54歳の僕は雑居まつりのステージでこんなことをやっていた。



      そして10月29日は母親の命日。
      この偶然を自分なりにステージに反映させてみようと思った。


      志田歩 with kubottiセット・リスト
      SE ロック詩人の聡明な野性を讃えて(志田歩 with 斎藤トオル)
      1 世界で一番間の悪い男
      2 いつかの君
      3 ハッピーエンドを蹴飛ばして
      4 バディ Part3
      5 陽気なプリズナー
      6 最後のライオン
      7 Love is a Mystery

      自分の親をテーマにした曲は、いまだに書けていない。
      にもかかわらず、この日に限っては母親に向けて歌ってみようと思ったら、なんと客席にはその母親を慕ってくれていた従姉妹がフランスからやってきているという偶然も……。

      今回の共演者は、すっかりお馴染みになった蓮沼ラビィさん、そして初対面で沖縄出身の玉城まさゆきさんという予定だったが、店主である賀句さんのイキなはからいで、急遽SADAもトップで出演することに!
      ステージの上でも外でもいつもまわりをハッピーにしてくれる彼と場を共にできるのも嬉しかった。
      彼がライヴで聴き取って、即座にfacebookにのせてくれていた「世界で一番間の悪い男」の歌詞を掲載しておきます。ありがとう、SADA!!

      「世界で一番間の悪い男」 作曲:斉藤ケーシン 作詞:志田歩

      Ah 大事なことは  いつも言いそびれていた
      Ah 無くさなければ 分からないことばかりさ
      間の悪いこの俺は  その度に悔やんでみても
      同じ過ちを     気がつけば繰り返すばかり
      アー大事なことは  君に言いそびれていた

      駆け引きしてるわけじゃない
      困らせたいわけじゃない
      意地を張る気もないままに
      いいわけするのが下手なだけ
      俺は世界で一番間の悪い男なのさ

      Ah 大事なことは  いつも言いそびれていた
      Ah 無くさなければ 分からないことばかりさ

      You're so far away,You're so far away,
      You're so far away,You're so far away, Oh Oh Oh
      You're so far away,You're so far away,
      You're so far away,You're so far away, Oh Oh Oh

      玉城まさゆきさんのステージの途中で、ポルターガイストじみた(笑)ハプニングがあり、その場で玉城さんは「お母さんの命日だってね、きっと来てくれてるよ!」と、僕に語りかけてくれた。イキなお方だなと思ったら、なんと彼自身も身内にご不幸があったばかりと後で知った。これもまた巡り合わせというものかも知れない。

      トリは蓮沼ラビィさん。
      彼女との最初の出逢いの時も、共に学生時代に他界した友人が、自分達の歌の原点になっていることで驚いたことを思い出す。この日の彼女のステージでは、特にラストの「3・11に生まれた友へ」に共感した。

      次のライヴは来週。
      渡邉康利さん主催の“カタマリナイト”に出演させていただきます。
      選曲はガラリと変え、この場ならではのステージにしますので、よろしくお願いします。

      ○11月07日(土)新宿スモーキン・ブギ 志田歩 with kubotti
      tel: 03-3353-8993 19時開場 19時半開演
      チャージ¥2000+ドリンク代
      c/w メンフィスベル、格夢(加藤格+藤原拓夢)、渡邉康利+本屋





      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 16:08 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/841
        トラックバック