Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    物語は終わるためにあるんじゃない〜「グイン・サーガ」を読み終えて
    0
      「グイン・サーガ」の129巻を読み終えてから、けっこうな時間が過ぎてしまった。
      今年5月に作者の栗本薫さんが亡くなった後で、この物語を読み進むのはなんとも切なく微妙な気分がつきまとった。
      1979年に第1巻が刊行されてから30年が経ち、結局未完の大作となったこの物語に僕が初めて触れたのは1991年。20年に満たない若輩者ではあるが、18年という時間は自分にとっても小さいものではない。
      務めていた会社を辞めフリーとなった直後、時間の余裕があった時期に図書館で見つけて読み始め、いつのまにか次の巻が出たのを見つけては、むさぼり読むようになってしまった。

      この物語に終わりは無い。
      それを知りながらも読み進んだ僕は、一体何を求めていたのだろう?

      今分かるのは、少なくとも僕は物語の結末を求めていたのではないということだ。
      栗本薫さんが未完の物語を紡ぐだけで、僕は十分に満たされた時を過ごすことができた。
      それ以上の何事かを望むのは、読者である自分の実感の範疇ではない。
      ただの人ごとに過ぎない。

      物語は語られるためにある。
      歌は歌われるためにある。

      そこから先に何が起きようと起きまいと、表現された時点ですでに成就しているのだ。
      今日というこの日を生きていこう。
      こんな受け止め方を分かってくれる人もきっといるよね?

      改めて栗本薫さんに感謝を込めつつ、追悼の念を捧げたいと思います。
      posted by: | 雑記 | 03:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 03:46 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/83
        トラックバック