Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
6月7日 THE FOOLS@新大久保アースドム
0
    【自由が最高裁!】〜シャバーフォーエバー2015〜
    新作収録の新曲もお披露目するという二部構成のワンマン。
    伊藤耕vo、福島誠二b、關口博史g、村上雅保ds、若林一也saxの5人に、ブルースビンボーズの秋山公康、マンホールの久家隆といったお馴染みのブラザーズ&シスターズが、入れ替わり立ち替わりステージを賑わせる。

    第二部はファンキーな躍動感のある曲を中心にした構成で、博史さんは、先週稲生座のTHE FOOLS、その翌日の佐井好子、そして今回と、このところ立て続けにステージを拝見する機会に恵まれたが、このステージが一番伸び伸びと演奏しているように感じた。シャープな16ビート系のカッティングは、THE FOOLSのギタリストという看板にふさわしく、良さんが遺した新曲も素晴らしい。
    何回も場内を笑わせつつも、良さんや冨士夫さんへの愛情を迸らせる耕さんのMCも冴えまくり。
    いつもながら場内大合唱の「Oh Baby」も、今日はさらに凄かった。
    ステージ上をせわしなく動き回ったりでしゃがみ込んだりしながら歌う耕さん。

    ♪いつもお前ばかりがつらい目にあうなんて 考えちゃだめさ♪

    真っ先につらい目にあって、それでもめげない彼ならではの説得力!
    “ミスター・フリーダム”であり“歌うグラウンド・ゼロ”でもある伊藤耕の本領発揮である。


    ドアーズの「ロードハウス・ブルース」にはこんな一節がある。
    The future's uncertain,
    And the end is always near.
    「未来は不確かで、終わりはいつも近い」

    3月のステージでの耕さんの「俺は今しか信じていない!」というMCは、その一節をポジティヴに言い換えたもののように感じられてならない。

    僕は生前の良さんにこんな質問をしたことがある。

    「もしもジム・モリソンが早世せず、ドアーズがバンドとして年輪を重ねていったら、きっとTHE FOOLSみたいな感じになっていたんじゃないでしょうか?」
    お世辞ではなく本心だった。
    すると良さんは、僕がびっくりするくらいはにかんで謙遜した言葉を返してくれた。
    ふだん強面なイメージだった良さんが、音楽に対するピュアで謙虚で敬虔な素顔を見せてくれた大切な思い出だ。

    先日、THE FOOLSのきたるべき新作のライナーノーツを書いて欲しいというリクエストを、バンドからいただいた。
    実に嬉しく光栄なことだ。
    これは一世一代の原稿にしなくっちゃね!!


    以下は、僕の今月のライヴ情報です。
    ★2015年06月12日(金)下北沢バラック・ブロック・カフェ
    “月を越えて、光の中へ in Shimokitazawa” 出演:志田歩&Teazer 、KALAS'
    開場 19:00 出演 19:30~ 志田歩&Teazer 20:30~ KALAS`
    チャージ 2000円(予約)/2300円(当日)*要ドリンク・オーダー

    ★2015年06月28日(日)代官山Bar Crimjon
    “LOTUS meets 志田歩〜our favorite GLASS〜”出演:志田歩、LOTUS
    開場 18:30 開演 19:00
    チャージ ¥2000(1ドリンク付) *追加ドリンクは¥500から〜
    出演 LOTUS、志田歩 
    問合せ Bar Crimjon 03-6427-0747(20時以降)
    https://www.facebook.com/BarCrimjon?fref=ts
    〒1500034 東京都 渋谷区代官山町13-4 セレサ代官山B1-A






    posted by: 志田歩 | 伊藤耕 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 20:08 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/813
      トラックバック