Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    1月8日 友部正人インタヴュー〜「どんとの魂」
    0
      今月末に刊行されるミュージック・マガジンの増刊「どんとの魂」の取材で、横浜で友部正人さんにインタヴュー。
      ライヴ後の打ち上げなどでお話させていただいたこともあったが、インタヴューとしては約20年ぶり。
      友部さんの落ち着いた物腰、真っすぐな目線は相変わらずで、いまだに若々しい。
      友部正人とボ・ガンボスの一番大きな接点というと、「朝は詩人」「カルヴァドスのリンゴ」「夜よ、明けるな」の3曲でボ・ガンボスのメンバー全員が、友部さんの演奏でバックアップしている友部さんの1994年のアルバム『奇跡の果実』となる。
      実はこのアルバムには僕ももの凄く思い入れがあり、「カルヴァドスのりんご」をカヴァーしたこともあるほど。
      もの凄くいろんなトラブルが重なり、荒んだ新京だった時に、このアルバムを聴いて、本当に心が洗われるような快い衝撃を味わったことは、いまだに忘れ難い。
      期せずして往年の思い入れのある作品について、いろいろなお話をおうかがいすることができ、どんととの交流についても、笑いあり涙ありのディープな話をたくさん聞かせていただけるという、僕にとってはまことにラッキーな取材となった。

      そしてこれがきっかけで、僕は久々に友部正人のマイ・ブームに突入!

      まさにタイトルが示す通りの大傑作です!



      以下、僕のライヴ情報
      2015年01月17日(土)下北沢music bar rpm 「平成27年 下北澤之乱」
      開場19:00 開演19:15
      チャージ1500円+オーダー
      出演:志田歩&Teazer 、SADAよしひらみずと





      posted by: 志田歩 | 原稿 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 18:29 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/795
        トラックバック