Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
GLASS 密かな奇跡の夜
0
    時代は80年代後半から90年代前半、いわゆるバンド・ブームの最中。
    僕が熱狂的に入れ込み、当時のバンドの事務所の社長さんから「マネージャーやらない?」とまでいわれたGLASSというバンドがあった。
    彼らのアルバムは『SLOW WATER』『涙の洪水』『ストラグル』と3枚あるが、全て素晴らしい!
    すでにあれから20年の時を経ているが、現在でも僕の思い入れの強さは変わらないし、アルバムを聴き返す機会も多い。

    彼らが『涙の洪水』と『ストラグル』をリリースしたインディーズ・レーベルのPSYCHOは、このGLASSと下山淳さんを中心とする60/40が看板アーティストで、他には先日共演してもらった斉藤トオルさんがメンバーであったJAZZY UPPER CUTのライヴ盤『QUIET NIGHT』も、1993年にリリースしている。
    ひとことで言ってレーベル丸ごと好きなものばかり。
    そして60/40については、2005年にコロムビアから『THE COMPLETE RECORDINGS OF 60/40』として復刻盤が、リリースされる際には、ライナーノーツを書かせてもらう機会にも恵まれた。
    だがGLASSは1994年に解散した後、リイシューや再結成といった話題もなく、CDも廃盤のまま。

    再評価の機会に恵まれないまま忘れ去られてしまうには、もったいなさすぎる
    我が心のスーパー・グループ、GLASS

    そんな風に感じているうちに、GLASSで作詞作曲とベースを担当していた高橋重幸さんが代官山でBar Crimjonというロック・バーを営業していることを知り、行く機会をうかがっていた。

    手みやげはGLASSのライヴ映像。
    当時事務所の社長さんが、僕の思い入れの強さに免じて、商品化していないライヴ映像をVHSでいただいたりしており、メッセージのやり取りで確認したところ、その中にはメンバーであった高橋さん自身も手元にないものがあるということだったので、DVD-Rに変換した3枚のディスクを用意していたのである。

    そして寒い雨の降る12月半ばの火曜日。
    こんな日だったら、お店もそれほど混雑することなく、ゆっくり話ができるのではないか、という期待を持って店に行ってみた。
    もちろん大好きだったバンドの作詞作曲を行っていた方がマスターなので、話は尽きることなく盛り上がる。

    だがそこに後からやってきたお客さんは……




    なんと当時GLASSのギタリストであり、現在はロンドンに在住しているというツカサさんであった!!!

    よりによって、僕がDVD-Rを持参して初めてお店に行った夜に、幸運にもロンドンから初めてお店を訪れたもうひとりのメンバーとお会いすることができたのだ。
    自分の思い入れを大切にしていてよかった!

    不思議だが本当の100%実話。
    僕にとっては密かな奇跡である。





    posted by: 志田歩 | GLASS | 02:26 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 02:26 | - | - | - | - |
      初めまして、こんにちは

      グラスのファンで、グラスについて、検索していて出会いました。

      グラスのライブ映像とか、どこかで見られないでしょうか?

      グラスのファンといっても、解散してから、グラスというバンドがあったことを知りました。

      三枚のアルバム
      未だに色あせないサウンド。

      本物ってすごいなぁと感じています。

      YouTubeとかでもなかなか映像が見られなくて、残念です。

      グラスについての記事何十回と読みました。

      ギターが特に好きでした。

      あのギタリストのような方、他にいるのかなぁって思います。

      また、記事楽しみにしています。
      | 川嶋 | 2016/10/09 7:15 PM |
      川嶋さま コメントおよびfacebookのシェアありがとうございました!
      ライヴ映像についてですが、川嶋さまのお住まいはどちらか存じておりませんが、東京近郊でしたらBar Crimjonの高橋重幸さんに連絡してみてはいかがでしょうか?(facebookで僕とも繋がっております)
      記事の通り、僕の手元にはライヴ映像ありますが、アーティスト本人を差し置いてやりとりするのは、礼儀に反すると思うので……。
      本来はアルバムもリイシューして、DVDもそれにつけて、というのが理想的だと個人的には考えています。
      やりとりの結果など、お伝えいただければ、お力になれることはさせていいただきます。
      | 志田歩 | 2016/10/10 4:14 AM |









      この記事のトラックバックURL
      http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/793
      トラックバック