Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ドレスコーズのインタヴューについて
    0
      先に取材させてもらったドレスコーズのロング・インタヴューが、WHAT's IN? WEBで公開されている。
      現在公開しているのはパート1で、パート2は9日公開予定ということで、他にも「レコードコレクターズ」誌の次号でも切り口の異なるインタヴュー記事を掲載しているので、ここで少しまとめてドレスコーズのことをお伝えしておきたい。
      まずWHAT's IN? WEBのインタヴューは、丸山康太(g)、菅大智(ds)、山中治雄(b)の3人が脱退し、志磨遼平ひとりとなったドレスコーズのニュー・アルバム『1』にちなんだもの。
      志磨遼平が毛皮のマリーズを解散させてから、どんな音楽も演奏できる理想のバンドとして結成したはずだったドレスコーズが、なぜ、こうした展開となったのか?
      ひとりだけであるにも関わらず、なぜソロ名義ではなく、ドレスコーズのアルバムなのか?
      といったところが、ポイントになっている。
      世間の好奇心は、なぜ3人が離脱したのか、というところにいきがちなのは充分承知だが、この取材で僕が痛感したのは、むしろ志磨遼平自身が、自らを苛みながら、あくまでも表現者として前のめりに進んでいく凄みだった。
      特に「この悪魔め」は、そうした自分自身も突き放した目線で俯瞰し、創作のための生贄にするかのような怖さ、物騒さ、そしてクリエイターとしての誠実さを感じる。

      そうした思いで取材に臨んだ僕は、インタヴューの冒頭で、志磨にふたつのテキストを紹介した。

      卑屈の克服からでは無しに、卑屈の素直な肯定の中から、前例の無い見事な花の咲くことを、私は祈念しています。

      真の正義とは、親分も無し、子分も無し、そうして自身も弱くて、何処かに収容せられてしまう姿に於て認められる。重ね重ね言うようだが、芸術に於ては、親分も子分も、また友人さえ、無いもののように私には思われる。

      いずれも太宰治の書いた文章(前者は「自信のなさ」、後者は「如是我聞」)で、僕が劇団「ほぼ無職」のために書き下ろした脚本「バーレスQ〜シモキタ駅前伝説〜」の中で、太宰自身のセリフとして引用させてもらったものだ。
      志磨が太宰治の愛読者であるのはよく知られているが、現在の彼の言動は、僕にはそうした太宰治の言葉を補助線として持ってくると、非常に理解しやすくなるような気がしている。
      さらに新作の収録曲「スーパー、スーパーサッド」の動画が、また巧み!
      志磨遼平が寝間着のまま、コンビニで買った焼きそばを公園で喰らうという設定には「ここまでやるか?」と唸らされた。こんな情けない姿をあえてさらす志磨遼平に、僕はつい劇団「ほぼ無職」の若松朋茂を連想してしまったりもする。


      そしてもうひとつ、12月15日発売予定の「レコードコレクターズ」誌では、志磨遼平にアナログで再発されるベルウッドの名盤10枚への思い入れを語ってもらった記事を掲載!
      こちらではいち音楽ファンとしての彼のピュアな愛情のこもった言葉がてんこ盛りになっておりますので、どうぞお楽しみに!



      以下は、僕自身のライヴ情報。
      こちらもよろしくお願いします!

      12月11日(木)歌舞伎町SoulKitchen
      志田歩(vo,ag) with 斉藤トオル(p)*21:00頃の出演予定
      開場19:00 開演19:30 チャージ1500円+オーダー
      c/w 蓮沼ラビィ、もんち、剣堂シュウジ

      2015年01月17日(土)下北沢music bar rpm
      「平成27年 下北澤之乱」
      開場19:00 開演19:15
      チャージ1500円+オーダー
      出演:志田歩&Teazer 、SADAよしひらみずと




      posted by: 志田歩 | 劇団「ほぼ無職」 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 17:28 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/789
        トラックバック