Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    10月16日 ブルースビンボーズ@早稲田ZONE-B
    0
      この日は四組のジョイント。
      最初に登場のサダ&モンゴロイドスポットのフロントであるサダは、伊藤耕不在の期間にブルースビンボーズのヴォーカルを務めていた人物でもある。
      めっちゃポジティヴで真面目、だが決して深刻にはならない色男だ。
      間奏になると伊藤耕もステージにあがって即興的にヴォーカルを披露。
      瞬間的な対応で、彼らの関係性の深さが傍目にも分かる。
      バンドというワクで閉じずに、ユーモアを忘れずにオープンに繋がっていくサダの器の大きさがにじみ出るステージだった。

      当然のごとくブルースビンボーズのステージでは、サダも呼び込まれ、ツイン・ヴォーカルの見どころも多々あった。
      とはいえ、今日のブルースビンボーズは、「Oh,Baby」「太陽のまばたき」「Ghetto Fighters(何度でも立ち向かえ)」などなど、『ロックンロールソウル』からの名曲の連発が素晴らしい。
      激しく動き、汗を流しながら歌う伊藤耕は、目も声も表情も、その全てがあまりにもむき出しでピュア! 特に僕が大好きな「誰もがキリスト」では、キリスト教の発祥から現在にいたる歴史の最前線を体現するような“業”を宿した生々しさに、一瞬も目を離せなくなってしまった。
      ステージの進行の手際では、ギターのPちゃんの愛情豊かな采配にも心温まる瞬間の連続。心は高揚し、僕自身も何度も声を上げつつ同時に涙腺がうるむ。
      ここまで多くの場内の人を幸福にしてしまうライヴ、僕も観ることができて幸せです。


      そして来週は
      ・10月24日(金) 新宿SoulKitchen
      志田歩 with kubotti
      共演:蓮沼ラビィ、鳥井賀句、ミノルBグッド
      開場 19:00 開演 19:30
      チャージ 1500円+ドリンク
      *共演の蓮沼ラビィさんからは、10月2日の記事にコメントをいただいています。
      こうした巡り会いにもビックリ&楽しみ!







      posted by: 志田歩 | 伊藤耕 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 02:20 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/783
        トラックバック