Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    8月30日 FOOLS PARTY「NO MORE WAR」リリパ!地球の上で
    0
      THE FOOLSによる二部構成のワンマン。
      他界した川田良に代わり大島一威がギタリストとして加入、伊藤耕の復帰による新体勢の実質的なお披露目ともいうべき注目の公演である。
      実に多彩なゲストを次々と迎えるステージは、準備する段階からものすごい労力が費やされたことが一目瞭然!
      キーボード、サックス、そしてゲスト・ヴォーカルなどを迎えた演奏で、演奏時間は3時間を越えるヴォリューム。
      僕は直接体験していないが、かつてのTHE FOOLSがしばしば大編成でステージをやっていたことは知っていたため、その頃の雰囲気にも近いのでは、などと想像しながら堪能させてもらった。

      今回のライヴは1991年のアルバムに楽曲を追加してリイシューとなった『NO MORE WAR 〜地球の上で〜+3』のリリース記念ということもあって、そこからの曲もたっぷり。
      当時湾岸戦争に際して産み落とされた曲の数々は、今のご時世でますます説得力を増していることが実感できた。

      二部のオープニングで、ゲストの射ラップ一郎のバックで伊藤耕がドラムスを披露するという一幕もイキだったが、特に後半の盛り上がりの火ぶたを切ったのが、2012年の『BABYLON BOMBERS』の収録曲「バビロン・ブレイカー」。
      この曲の作曲者は、この間の激動するバンドをずっと支えてきたベースの福島誠二!
      作詞は伊藤耕だが、スタジオでのレコーディングには参加していない。
      そんないきさつがあるこの曲を、復帰した伊藤耕のヴォーカルで聴いたら、すさまじいインパクトで、まだまだこれからも名曲を作っていきそうなTHE FOOLSのクリエイティヴな勢いを感じられた。

      そこからのファンキーな名曲の連発で、場内はまさにTHE FOOLSでしかなし得ないマジックに包み込まれていった。
      質量共にバンドの歴史に残る素晴らしく充実したこの日のライヴは、後に語りぐさになるのではないだろうか。








      posted by: 志田歩 | 伊藤耕 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 14:45 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/773
        トラックバック