Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    7/23「WOWOWぷらすと 特集:怪物、玉置浩二」ご報告
    0
      キャストの大谷ノブ彦さんが、アーティストとしての玉置浩二について深い愛情と造詣をお持ちだったため、まったくの初対面でありながらも、かなり深みのある会話が飛びだしたと思う。
      リズムのことからJAGATARA、ビョークにまで話が膨らんでいくのは、「玉置浩二☆幸せになるために生まれてきたんだから」のP316で書いているように、自分が玉置浩二の音楽にのめり込んでいく原点に触れる思い。

      ゲストの田家秀樹さんは、音楽評論の世界で僕の大先輩に当たる方で、謙虚で穏やかな佇まいのうちに秘めた鋭い洞察力に感銘を受けた。ご自身のブログでも番組に触れてくださっています。
      また番組の内容をまとめたページもここにあります。

      僕にとって最大の手応えは、そもそものきっかけとなった“玉置浩二3万字インタヴュー”の締めの部分で述べていた意図を、公の場で言及できたことと、裏テーマとして設定していた“あなたにとっての幸せとは何か?”というところまで喋ることができたこと。
      ちなみに2006年に雲母書房から初版を発表した際、「幸福の定義が変わってしまいました」という感想をくれる読者がいて、「ずいぶん深く読み込んでくれているなぁ!」と感銘を受けたことがあるが、その感想をくれた人物が、今年になってからシンガー・ソングライターのよしひらみずととして僕と活動を共にする機会が増えているというのも、偶然ではなく必然のように感じられる。






      posted by: 志田歩 | 安全地帯・玉置浩二 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 16:54 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/771
        トラックバック