Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ご報告:“ダブル・ブッキング 6/25”〜カトシノ祭り〜
    0
      カトシノこと加藤志乃ぶは、誕生日の前日。
      同日出演の渡邉康利さんも6月28日が誕生日というタイミングにちなんだライヴということで、
      この日の出演順は
      1 志田歩&Teazer
      2 渡邉 康利
      3 加藤志乃ぶ&orange cloud

      こうした設定にふさわしい選曲を…ということで、 最初はカトシノ抜きの男四人で「バースデイ・ソング」。

      これは『最後のライオン』のボーナス・トラックとして弾き語りライヴ音源で収録していたオリジナルで、バンド編成で演奏するのは初めて。

      そしてカトシノと渡邉さんを呼び込み、ケーキのロウソクの火を消していただいて、

      それから志田歩&Teazer 本来の五人編成で演奏開始。


      志田歩&Teazer セット・リスト
      1 バースデイ・ソング
      2 地上のリンカク
      3 手頃な免罪符
      4 POINT OF NO RETURN
      5 HOME SWEET HOME
      6 最後のライオン
      7 ナーダム〜裸のワルツ

      そして渡邉 康利、加藤志乃ぶ&orange cloudのステージへ。
      日頃のヘヴィな路線の歌とお祝いモードを違和感無く調和させるというのが、今回の自分なりの課題でしたが、今後のバンド活動での表現の幅を広げるきっかけにできたような気がしております。
      ご来場のみなさま、スタッフ、メンバーに深く感謝!
      今後もよろしくお願いします。








      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 14:40 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/764
        トラックバック