Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    認めたくないものだな…、自分自身の…若さ故の過ちというものを…
    0
      先日、自分の大学時代のゼミの指導教官としてお世話になった室田武先生の退官祝いで、集う機会があった。
      ゼミの学生だけでなく、エントロピー学会の方もご一緒ということで初対面の方もいるが、大半は旧友。中には30年ぶり近い人もちらほら。
      室田先生は80年代以前から脱原発を代表する論客ということもあって、集る顔ぶれは初対面であろうと、長い年月を経ようと、やはりベクトルを共有しているような感覚がある。

      自分が1984年に提出した卒論は「国際関係から見た日本の原子力」。
      当時は手元にコピーを取る余裕すらなかったため、福島原発事故の後になってから、「今読んだらどんな印象だろう?」と思って、大学まで出向いてコピーを取ってきた。
      しかし、いざ読んでみると、部分ごとに言いたいことは分からないでもないが(昔のオレだし)、その時々で言いたいことを書きなぐってそのまま、という読者の都合を全く配慮しない乱暴さに、頭を抱えたくなった(苦笑)。

      まったく何でわざわざ受け取りにくい球の投げ方をするかなぁ…
      認めたくないものだな…、自分自身の…若さ故の過ちというものを…
      他にもその場での昔話の暴露合戦では、お互いの記憶が見事に食い違っていて、冷や汗を越えて爆笑ものだったこともしばしば。しかもそんなはた迷惑だった話で、なごんでいただける参加者の包容力に感謝!
      当時の自分のコミュニケーション能力の低さに、ゼミの教授をはじめとする周囲の人々に、さぞメンドクサイ思いをさせたであろうと想像すると、冷や汗が出てくる。
      (「今でもそうだろ!」という突っ込みがありそうな気もするけれど、とりあえず今は当時に較べれば、まだマシであろうということにしておきたい。)

      なんだか「ジョナスは2000年に25才になる」(1976年の映画だが、どうやら日本で公開されたのは自分が大学を卒業した1984年らしい)という映画の中にでも紛れ込んだような気分。
      日頃だと歳を取るということは、気の重いものだが、この場では参加者との会話、表情などのやり取りから感じる深みを存分に味わうことができた。
      歳を取ることの代償として得られるこうした感覚は、ある種の恩寵なのかも知れない。
      幹事役で大活躍してくれたHさんにも感謝!!

      かなり昔に書いた歌詞だけれど「光の中へ」は、こんな自分の気分にはよく合っている。

      光の中へ
                   作曲:志田歩、斉藤ケーシン 作詞:志田歩

      笑顔は一度 出会いの場所で
      あどけなく咲いては 無邪気に消える
      懐かしい恋人 あの時の奇跡を
      追いかけてわたしは 旅を続ける
      懐かしい友達 あの時の奇跡を
      追いかけてわたしは 旅を続ける
      花よ 大地よ 月よ 銀河よ
      我らの行方に 恵みの雨を

      果てしなき日々の 疲れを知らぬように
      流れゆく星達を  わたしは見てきた
      夢の中の夢の 終わり無き宴に
      酔いしれて私は 旅を続ける
      虹に腰掛けて 振り向けば彼方に
      丸い地平線   わたしを包む
      花よ 大地よ 月よ 銀河よ
      われらの行方に 恵みの雨を
      行きて帰らぬ 旅人のように 時は移ろう

      花よ 大地よ 月よ 銀河よ
      われらの行方に 恵みの雨を
      花よ 大地よ 月よ 銀河よ
      われらの行方に 恵みの雨を
      行きて帰らぬ 旅人たちよ 光の中へ


      ということで、以下は志田歩&Teazer のライヴ告知です。
      自分かお店まで事前にご一報いただければ、予約料金とさせていただきます。

      2014年04月15日(火) @新橋ZZ
      〒105-0004 港区新橋4−31−6 03-3433-7120
      出演:志田歩&Teazer、縄文ディラン、グリゲアリヌス亀
      19:30スタート(志田歩&Teazer の出番は三番目の21時頃となります)
      予約2000円(+ドリンク代) 当日2500円(+ドリンク代)

      第三期志田歩&Teazer:志田歩(vo,ag)加藤志乃ぶ(vo,g)kubotti(g)西村雄介(b)伊藤孝喜(ds)
      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 05:19 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/755
        トラックバック