Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ライヴ三連ちゃんご報告
    0
      ■4月12日(金)東新宿アコースティックアート
      “TOMOの音楽夜会〜Acoustic Open Mic 〜”
      劇団穂ほぼ無職の新人さんを伴っての参加。
      縄文ディランとの久々の再会もあって、この場ならではの醍醐味を堪能させていただきました。
      4月ならではということで、選曲はこんな感じ。
      1 4月のイノセンス
      2 コレクション
      3 ロックンロール・アスホール

      ■4月13日(土)“歌舞伎町の詩人達の集い-集うが如し、2周年記念SPECIAL-”
      TASKEのお招きを受けて参加したイヴェント。さすがに強者がずらり!
      ワールド・ツアー直後だという売☆春男のノイズ・パフォーマンス、TASKEとダンサーのムダイのデュオ、たすだい、スポークン・ワーズの三木悠莉が、かっこよかった!
      特にすっぴんでは爽やかで穏やかな売☆春男が、いざパフォーマンスとなるとマスクを被って鬼畜魂全開になる豹変ぶりは、あまりにも痛快。そして何組ものコラボを連ね、全体を企画するTASKEの異常なまでの生命力の強さにも感銘を受けた。本当に参加できて良かった。
      TASKE、お招きありがとう!
      自分はいささか緊張気味の中、以下の三曲で臨みました。
      1 裸のワルツ
      2 恋のホットスポット
      3 陽気なプリズナー

      ■4月14日(日)“下北沢+被災地 命つなごうマーケット”
      前日のステージから14時間後というタイトなスケジュールだったが、イヴェントとしての認知度も確実に高まりつつある中、メールでの告知を怠っていたにも関わらず、駆けつけて下さった皆様の前で、伸び伸びと歌うことができた。
      1 さようなら世界夫人よ
      2 手頃な免罪符
      3 裸のワルツ
      4 Oh,Baby
      5 陽気なプリズナー
      6 唄のアジト
      7 ハッピーエンドを蹴飛ばして

      そして今回初参加してくれたうつみようこ!
      真っ昼間の境内であえて「夢は夜ひらく」をかますというユーモアも凄いが、特に染みたのはピンク・レディの「UFO」をやる前の「被災地で演奏して笑われた曲です」というひとこと。
      被災地にパフォーマーとして関わる経験を積んできた彼女ならではの滋味深いステージだった。









      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:57 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/717
        トラックバック