Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    沖縄〜東京 ピースカーニバル2010
    0
      青山CAYの『沖縄〜東京 ピースカーニバル2010』へ。
      これは沖縄・辺野古で行なわれる『PeaceMusic Festa!』に呼応して大熊ワタルが発案したイベント。
      僕はスタッフとして関わったわけではないが、大熊氏のリクエストに応じる形で、自分なりの提言はいろいろさせていただいた。
      ジンタらムータ、うつみようこ+河村博司、寿[kotobuki]、シーサーズなど、出演者だけでなく、スタッフや観客にも、お馴染みの顔ぶれが多かったが、多くの発見もあった。
      初めて見たミュージシャンでは、ディジュリドゥ奏者のGOROのセッションが圧巻。
      お馴染みの顔ぶれの中では、河村博司の弾き語りによる「青天井のクラウン」も、最近の河村の吹っ切れた感じがガツン!と伝わってきた。
      しかし最大の衝撃はジンタらムータの「不屈の民」におけるこぐれみわぞうのパーカッション!!!
      巫女のような迫力は怖いくらい刺激的で圧倒的に凛々しかった。

      それ以外の発見としては、客席での雑談から、寿町フリーコンサートで、実行委員会が志田歩&Teazerを撮ってくれたカメラを回していたのが、小林アツシさんだったことが判明!
      よくぞカメラ一台でここまで、と思うほど、音質、構図、ズームと引きのタイミングなどが、完璧だったため、わざわざ実行委員会に、誰が撮ったのか知らぬまま、絶賛の意志を伝えた相手が場内にいるというのも必然か?この映像については、できれば公式に発表したいところ。
      posted by: | ライヴ | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 02:09 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/7
        トラックバック