Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    12月20日 シラを切るほどにボロが出る
    0
      12月20日に行われた“まもれシモキタ!行政訴訟”の口頭弁論で、国側がさらにメチャクチャなことを言いだした。
      まずは訴訟の初期の段階で国側が提出した事業認可申請書(Aと呼ぶことにする)。


      そしてこちらが新たに出てきた事業認可申請書(Bと呼ぶことにする)。


      国側はBはファイルにつづられていた書類に、平成19年2月頃になって、わざわざ3年も前の日付を遡って「平成16年2月2日受領」という受付・受領印を押印したもので、元々AとBは同じ書類のコピーだと主張している。

      ところが!
      二つの書類を見比べてみると、明らかに別々に作成されたものであることが分かるのだ。

      ・申請日である「平成16年2月2日」の「2」の数字はいずれも手書きだが、字体が異なっている。
      ・書類上部の上部の押印の印影も異なっている。
      ・Bにある鉛筆の跡がAにはない。
      ・ファイルにつづるために開けられた穴の位置も異なっている。

      ここまであからさまな違いがあるため、裁判官は国側にエクスキューズの機会を与えようとしたのだが、国側はあくまでも「以前主張した通りです」と、まるで悪戯を見とがめられた幼児がダダをこねてシラを切るような態度に終始して、この日の法廷は終わった。

      “まもれシモキタ!行政訴訟”は、裁判が始まってから6年も経とうという今年になってから、行政側が「以前提出した証拠書類は間違いでしたぁ」と言い出したため、「これまでの議論は一体何だったんですか?」と言いたくなるような前代未聞のやり取りになっていた。だがこの日のやり取りは、証拠の間違いを言い出した国側が、ボロを隠そうとシラを切ったために、さらに深い闇の深淵をかいま見せるようなものになってしまった。
      そもそも3年も前の日付に遡って受領印を押したという主張を、いけしゃあしゃあとできるという面の皮の厚さもぶっ飛びものの怪しさだが、ここまで幼稚なウソをつき、「これって公文書偽造ではないの?」と突っ込まれるようなリスクを背負ってまでも、あえて「この二つの書類は同じもの」であると主張する国は、一体何を隠そうとしているのだろう?
      また基本的な書類の扱いがあまりにもがさつなのにも驚かされるが、これはシモキタ問題に限っての話なのか、それともいわゆる公共事業は、一般的にここまでいい加減な書類のやり取りで多額の予算を注ぎ込むことを許されてきたのだろうか?
      こうした隠蔽工作により動く関係者の利害の大きさは、元々の予算の大きさからしても、莫大なものになるはず。なにしろ鉄道の地下化と道路の新設をセットとして作っていく連続立体交差事業は、国策としてずっと進められてきたものなのだ。
      シラを切るほどにボロが出て矛盾が生じる国の主張。
      その綻びを追求する弁護団は、まるでミステリーを解明する名探偵のようだ。
      この謎解きの行く先は、いったいどんな深みに到達するのだろう……。
      さて、この続きが気になる方は第28回口頭弁論(2013年3月14日 15時より 東京地方裁判所103大法廷)にて! 入場無料!





      posted by: 志田歩 | Save the 下北沢 | 04:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 04:34 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/694
        トラックバック