Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    11月30日 新宿Soulkitchenご報告〜ボクは楽器?〜
    0
      今回のライヴのポイントは、鳥井賀句さんの仕切りによる中川五郎さん、ナラカズヲさんという顔合わせの妙!


      セット・リスト
      1 最後のライオン
      2 恋のホットスポット
      3 裸のワルツ
      4 陽気なプリズナー
      5 唄のアジト
      6 光の中へ
      7 アモーレ下北


      それぞれのファンがそれぞれに別の出演者にも関心を示す気配が濃厚で、僕自身も初めてお会いする方が、真剣に聞き入って下さっているのを体感し、時には目線を合わせながらステージを進めていった。
      単純だけど、そうすると燃えると言うか、入り込むというか、張り切るというか……。
      「歌で自分を理解してもらう」のではなく、「自分自身が歌を把握してもらうためのツールと化していく」ような感じで、曲が要求する表情や声色が素直に出せることができた……気がする。
      特に自分では「裸のワルツ」と「陽気なプリズナー」で、そんな感覚になれた。

      自分の出番が終わってからも、ナラカズヲさんと中川五郎さんのステージをじっくり見ることができるのだから、かなりお得な気分。
      特に五郎さんには「受験生ブルース」まで飛びだす選曲に驚かされると同時に、フォークソングというスタイルに確固たる自負を持っていることに、新鮮な衝撃を受けた。
      終演後の歓談も楽しかったし、酒もおいしかった!
      ご来場いただいたみなさま、鳥井賀句さん、中川五郎さん、ナラカズヲさん、そして今回もお付き合いいただいたkubotti、どうもありがとうございました。 さて、12月は久々に僕が企画した『GROUND ZERO〜あらゆる可能性だけがここにある〜』。
      志田歩&Teazer でガツンと年末を締めさせてもらいますので、どうぞよろしくお願いします。
      ★12月27日(木)
      志田歩&Teazer
      c/w 六弦詩人義家、加藤志乃ぶ&orange cloud、バスコダ
      @三軒茶屋 グレープフルーツムーン
      19:00スタート
      チャージ2000円+オーダー




      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 04:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 04:02 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/689
        トラックバック