Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    10月29日 劇団「ほぼ無職」作戦会議
    0
      僕が自分のテンションのおもむくまま書きなぐった脚本「シモキタ駅前今昔物語(仮)」を、実際に来年2月24日の公演で舞台化するまでには多くのハードルがある。
      その解消のため、僕はSHIMOKITA VOICEで共に歩んできたザ・スズナリの野田 治彦さんに、アドヴァイスしていただくことを座長のいわい ゆうきに提案。
      野田さんの快諾をいただき、この夜に三者会談が実現した。
      僕にとってはいつも穏やかな笑顔を絶やさないシモキタ問題のステキな仲間である野田さんだが、芝居の経験がある座長にとっては日本の演劇シーンの重要人物。珍しく緊張した表情で、舞台化を実現する上で貴重なアドヴァイスをいただいた。
      僕としても彼のような立場の人に脚本に目を通していただいてアドヴァイスをいただくというのは、おそろしく図々しい振る舞いに映る人もいるかも知れないが、脚本のテーマがテーマですから、ということで、この夜、すでにひとつのミラクルな現象が生まれていた。
      座長と脚本家というそれぞれの立ち位置の違いをきちんと理解した上で、あくまでもフェアに舞台の成功のためのアドヴァイスをくださった野田さんに、心から感謝!
      ちなみに時間が許せば劇団の稽古にも足を運びたいとまでおっしゃってくださった。
      これはテンション上がっちゃいますよね、座長?

      ミーティング終了直後のスリーショット!!






      posted by: 志田歩 | 劇団「ほぼ無職」 | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 03:01 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/683
        トラックバック