Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    9月14日 オープンマイクご報告
    0
      パソコンのトラブルで首相官邸前には行けず、ギリギリでアコースティック・アートに。
      僕の直前の方が、アッパーで社会的なメッセージ豊かなパフォーマンスをやっていたので、
      この日は脚本書きの影響下、内省的な感じで……

      1 僕は楽器
      2 電気仕掛けの夜の精霊
      3 暗闇のアドバルーン

      この日唯一のオリジナル「電気仕掛けの夜の精霊」は、先月のこの場で久々にやってみて、新しいアレンジに挑戦。
      結果、ミスだらけでボロボロ(苦笑)。
      オープンマイクは実験の場としてミスを恐れず挑む機会にしているのだが、もっともっと練習して、この雪辱を果たしたいと思う。

      「暗闇のアドバルーン」は塚本晃(NOWHERE)のカヴァー。
      以前本人からコードを教えてもらったにも関わらず、ニュアンスの難しさから手つかずのまま、放置するという失礼きわまりない振る舞いをしてしまったのだが、ようやく自分の新しい課題として歌ってみた。
      歌っている本人としては、これが一番今の自分にしっくりきているような気がした。

      比較的参加人数が少なかったため、終演後は参加者同士でかなり長く和やかに語らい。
      演奏だけでなく、こうしたコミュニケーションができるのも、アコースティック・アートのオープンマイクの醍醐味である。

      以下、ライヴ告知
      10月8日(祝)
      志田歩 with kubotti、 六弦詩人義家
      @下北沢lown(ラウン) 18:00開演 チャージ1500円+ドリンク
      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:13 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/671
        トラックバック