Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    8月3日 志田歩 with kubotti、河村博司ジョイント・ライヴご報告
    0
      鳥井賀句さんのお店である新宿SOUL KITCHENへの初出演は、以前から面識のある河村博司とのジョイント。
      ライヴのジョイント相手としてのソロ・アーティストとしての河村博司は、
      素晴らしく深いミュージシャン・シップで魅了してくれた。
      志田歩 with kubottiとのセッションは、アンコールも含め全部で4曲。
      ギター三台の演奏となるわけだが、さりげなく全体の躍動感をグワっと持ち上げる演奏に仰天。
      「唄のアジト」などは、さながらジャム・バンド系のグルーヴを宿し、ひと味も二味もコクのあるものに。

      また彼自身のセットでは,ピアノの弾き語りも披露してくれ、特に「よろこびの歌」は、聞いていて敬虔な気持ちにさせられた。
      終演後は賀句さんといっしょにゆっくり話せたのも楽しかった。
      賀句さんも河村博司も以前より生き生きしている。
      かたや自分の店を出し、かたやソウル・フラワー・ユニオンから独立してソロに。
      いずれもリスクの伴う選択だが、自分で看板を掲げる者ならではの清々しいパワーが素晴らしい。

      デモ割引で来てくれた方もいて、企画としては成功だったと思う。
      ご来場の皆様、賀句さんとお店のスタッフ、kubotti、そして河村博司、ありがとうございました!
      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 03:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 03:33 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/663
        トラックバック