Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    7月28日 下北沢あおぞらマルシェご報告
    0
      イヴェントのタイトル通り見事に晴れた真夏の一日。
      午前11時からの屋内ステージはこんな選曲で臨みました。

      オープニングSE 首相官邸前シュプレヒコール(6/22収録)
      1 さようなら世界夫人よ(頭脳警察のカヴァー)
      2 恋のホットスポット
      3 裸のワルツ
      4 手頃な免罪符
      5 唄のアジト(with 加藤志乃ぶ)
      6 Love is a Mystery(with 加藤志乃ぶ)

      頭脳警察のカヴァーは、学生時代以来ですが、ポスト311の光景の中では、
      あの諧謔的な歌詞の切れ味には、歌っていて激しく共感できるものがありました。

      その諧謔性という点では、「毒がキツすぎるかな?」と思っていた新曲「手頃な免罪符」。
      パブリックコメントの件をMCで伝えた後、歌い始めたら
      ちょうど世田谷区長が場内に!
      歌いつつ俄然テンションが上がってしまいました。
      通常ブッキングではあり得ないこうした光景は、パブリックなイヴェントならでは。
      主催、運営のスタッフの皆様、わざわざお越しいただいた皆様に感謝です!!

      終盤二曲で明るめのフィニッシュを決めるべく、ゲスト参加してくれた志田歩&Teazer の紅一点、加藤志乃ぶの貢献もあって、やりたい放題の冒険をしつつ、エンタテイメントとしての彩りもきちんと出せた手応えを噛み締めています。

      午後の野外演奏は即興のセッション。
      下北沢の投げ銭ライヴでよくお会いする松谷冬太さんたちと、新しい回路を開くきっかけになりました。


      さて,次のライヴは、以前はソウル・フラワー・ユニオンの一員として何度も取材させていただいてきた河村博司さんとのジョイント企画!!
      この場ならではのセッションも企んでおりますので、なにとぞお見逃し無く!

      8月3日(金)
      志田歩 with kubotti
      c/w 河村博司(ex.ソウル・フラワー・ユニオン)
      新宿Soul Kitchen
      19:00オープン 19:30スタート
      チャージ1500円+オーダー(2ドリンク〜)
      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 18:12 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/662
        トラックバック