Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    6月19日 まもれシモキタ!行政訴訟第25回口頭弁論ご報告
    0
      あまりにも予想外の展開!!
      2006年から始まったこの裁判は、国が提出した事業に関する書類をベースに、
      その違法性を追求してきたはずだった。
      しかし、裁判官が判決に向けてせかし始めたこの時期になって、
      突然国側が「前に出した書類は間違いだったので、別の書類を証拠として提出する」と言い出したのである。

      なんじゃ、それ?
      この6年間のやり取りが根幹から国のミスにより揺らぐという事態にいたって、
      今回の法廷は大きな図面をいくつも広げて、みんなで見比べるハメに。
      自分が座ったのは最前列だったので、図面もかなり良く見えました。 前回の法廷では行政よりに見えた裁判官も「こんなデタラメやられたんじゃ、行政をかばいようがない」と言わんばかりの憮然たる表情。

      あまりにも劇的なこの展開を受け、傍聴席の熱気もすごく、
      閉廷後の報告集会も椅子が足りなくなるほどの超満員!

      ちあみに今回初めて傍聴に参加した小説家のMさんは、僕の隣で丹念にメモを取りながら「これは凄い!!」と連発し、目を輝かせていた。

      次回口頭弁論は9月25日 15:30〜東京地方裁判所103大法廷にて
      国側から今回の新しい証拠についての釈明など、さらに緊迫したやり取りが展開される模様です。
      この衝撃をあなたも!
      posted by: 志田歩 | Save the 下北沢 | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 14:18 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/650
        トラックバック