Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    生誕50周年記念・大熊ワタル秘宝館!
    0
      @吉祥寺マンダラ2

      僕にとって大熊亘さんは、水車村やシモキタ問題など、色々なところでリンクすることが多いアーティスト。
      かなり前になるが、なぜか僕の自宅でインタヴューさせていただいたこともあるし、
      逆にシモキタ問題について、彼が僕をインタヴューしてくれたこともあるし、
      さらに、二回ほどTeazerのセッションにお付き合いいただいたこともある。
      要するに肩書きや立場でなく、ものすごくフレキシブルに、やるべきこと、関心のあることに向かっていくバイタリティのある人なのだ。

      今回の彼のバースデイ・ライヴで、僕の事前の最大の関心は、彼が珍しくリード・ヴォーカルをたくさん披露するという点だった。
      結果から言うと、すごく通る声で、特に壮士演歌は、歌詞も非常に明瞭に聴き取れるので、ビックリ。
      大熊さん、もっと歌う機会を増やせば良いのに、とさえ思った。

      それに加えて、清水一登(kbd.)+向島ゆり子(vln.)+大熊(cl,bcl)+小林武文(drs) という新ユニットでは、MUSIC MAGAZINEでレヴューを書かせていただいたシカラムータの新作の構築的な部分を、さらに研ぎ澄ませたような演奏に息を飲むのと同時に、このタイミングでの始動に、必然性を感じた。

      終盤で聴かせてくれたルナパーク・アンサンブル時代のナンバーも、ノスタルジアとは違う次元の説得力があって、大満足。

      終演後、ルナパーク・アンサンブルのスタンスについて、僕が持っていた仮説を訊ねてみたところ、本人もそうした意識を持っていたことを話してくださり、自分内盛り上がりはさらに加速!

      大熊さん、誕生日おめでとうございます!
      そしてケーキ、ごちそうさまでした。
      posted by: | ライヴ | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 03:01 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/65
        トラックバック