Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    行政訴訟で体感するこの国の“ムード”
    0
      裁判というものは“気分”とは無縁のもの。
      シモキタの行政訴訟に原告として参加するまで、僕はそう思っていた。
      だが昨年から今年にかけての法廷の雰囲気の変わりぐあいを目の当たりにすると、
      とてもそんな風には思えなくなっている。

      昨年、東日本大震災の後、昨年4月14日の法廷では、シモキタ訴訟の弁護団が原発問題にも言及し
      「原子力発電を容認してきたことについては、裁判所にも責任はある」
      「日本は基本的な発想から転換しなければならない」
      といった意見が表明された。

      東京に暮らしていても“日常”というものが戻ってくるのかどうか定かではなかった時期だけに、
      この時は「基本的な発想を変えなければ」という切迫感が漂っていたように思う。

      しかし脱原発に対して再稼働などの話が出てくるようになってからの法廷の空気は驚くほど変わってしまった。
      傍聴席で見ている限り、異例の人事異動でこの訴訟を担当する裁判官の態度は昨年と較べるとずいぶん横柄になったように映る。

      この文章の中で使っている“気分”“雰囲気”という言葉は、数字などで実証できるものではない。
      当然メディアの報道の中では伝えられにくいものでもある。
      僕自身は裁判や法律に詳しいわけではないので、最初はこんな印象を持っているのは僕だけかと思っていたのだが、
      下北沢以外の行政訴訟に携わっている知人の現場でも「昨年と去年では法廷の雰囲気が全然違う!」とのこと。

      裁判の中でも行政訴訟は、いわゆるお上の方針を問い直すものだ。
      裁判官もそれぞれに立ち場があるし、今の日本で生きていることには変わりが無い。
      世の中全体の方針がグラグラと揺れ動く中で、
      「抜本的な転換をしないといけない」と考えることもあれば、
      「既存のやり方を唱える勢力がけっこう発言力を持っている中で、問題提起となるような振るまいで目立つのはまずい」と考えることもあるだろう。

      これは単に僕のような偏屈な人間の個人的な印象なのだろうか?
      それとも他の人も同じように感じる現象なのだろうか?

      先に述べたように、メディアが報道しにくい“空気感”だからこそ、
      現場でライヴで体感した人が、個々に確認していくしかないのかもしれない。


      <<まもれシモキタ!行政訴訟 第25回口頭弁論>>
      ●日時:2012年6月19日(火)15時30分〜
      ●場所:東京地方裁判所103号 大法廷
      ●料金:無料
      ●アクセス:丸の内線・日比谷線・千代田線「霞が関駅」A1出口から徒歩1分、有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分。
      http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html
      ※終了後に報告集会も予定しています。
      posted by: 志田歩 | Save the 下北沢 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:51 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/645
        トラックバック