Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2月23日 区議会傍聴〜会派というシステムへの諧謔
    0
      無党派市民の木下泰之議員が一般質問を行なう区議会の傍聴に出かけた。
      今回の質問の内容は全文が彼のブログにアップされているが、
      保坂区長に外環、二子玉川、下北沢、京王線連立の区内大規模公共事業見直しと川場村移動教室中止を求めたり、昨年の“SHIMOKITA VOICE 2011”のシンポジウム(ただし質問書にある9月ではなく8月が正解ですが)に保坂のぶと区長が出席した際に語ったシモキタ問題に関するラウンドテーブルの実現を求めるなど、昨年の選挙で区長候補擁立に最も尽力した木下議員が、選挙の際の指針を通すことを求める場となった。

      議論のトーンとしては、昨年の選挙で共闘した相手であっても、緊張感を保って対峙するスタンスを保ったものだった。

      とはいえ、傍聴という現場に行くと、ウェブ上のテキストだけでは見えにくい情報が見えてくる。
      今回の木下議員の質問の項目は、大きく分けて五項目。
      これは10分しか質問の時間が無い区議会議員の一般質問としてはかなり多い方だ。
      他の議員は二つか三つ、ひとつだけの人もおり、今回の議会で五項目以上の質問をあげているのは、彼の他には、みんなの党・世田谷行革110番のすえおか雅之議員、六項目をあげている自由民主党・新風の三井みほこ議員だけ。

      10分という限られた質問時間を活用するため、壇上にあがった彼は、まずコップに水を注ぎ、のどを潤す。
      気合い注入!
      そして滔々と用意した質問を読み上げ始めた。
      残り時間が1分を切ると場内に信号音が響く。
      区の回答に対してさらに答える時間も残すのが通例だが、30秒を切ろうかというタイミングで、一度終わるかと思われた質問を「さらに……」と続けると、他の議員の間ではどよめきが起きる。
      僕には「この人、時間内にちゃんと喋り終えられるのか?」という戸惑いであるように感じられた。
      その後、喋るスピードを一気に加速した木下議員が、無事に質問を終えると、「見事な芸当を見せてもらった」かのように他の議員からの拍手が沸く。
      なぜこういうことになるかというと、大きな会派の場合は、会派の代表質問という時間が別に設けられており、そこで何項目もの質問をすることができるが、木下議員は無党派市民という一人会派であるため、会派としての全ての質問を、10分でしなければならないからなのだ。
      元々は社会党から立候補したものの、大政党の駆け引きの論理に馴染むことができず、1996年に一人会派「無党派市民」を旗揚げ。
      そもそも会派の名前が「無党派市民」というのは、遠藤ミチロウが左翼への近親憎悪的な心情から自分のバンドをスターリンと名付けたのにも通じるほどのテンションで、大政党の政治の論理への諧謔精神を込めたものといえる。
      それがどういう成果をもたらすか否かの評価は、観点によってさまざまだろう。
      ただ、区議会というシステムの中で、その制約を引き受けつつ奮闘する彼の振る舞いが極めて印象的だったことは、僕自身の実感として表明しておきたい。
      posted by: 志田歩 | Save the 下北沢 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 18:56 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/633
        トラックバック