Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    10月21日安全地帯@神奈川県民ホール
    0
      9月23日の東京国際フォーラムのテンションの高さに圧倒されてから約一ヶ月。
      あの時の感動を、軽々と乗り越えるステージが、目の前で展開されていることに驚愕した。

      前半では玉置浩二が歌いながらドラムスを担当する一幕での、グルーヴが凄まじい。
      ドラムスを演奏する玉置のフォームがきっちりとシルエットで映るため、田中裕二とのツイン・ドラムで繰り出すビートのアクセントのインパクトが、視覚と聴覚の両方から迫って来る。それでいて歌声は浪々と力強い。

      これだけでも凄いのだが、「無力の剣」では、生と死の境界に佇むような怖さが漂う。
      そのたただならぬ気配に「これは一体何なんだ?」と思った。

      前作に収められていたバラード「雨」も、即興的な緊張感がグレードアップ!
      かつてソロ時代の“GRAND LOVE”ツアーの東京国際フォーラム公演でのアンコールで聴いた「ぼくらは…」は、宗教体験にも似た衝撃だったが、この日の「雨」は、それを思い出すほどだった。

      そしてそして……この日のアンコールは、何とアカペラ込みで5曲!!!
      迸るような勢いで、どんどんテンションが上がって行く……。
      「一体これは何なんだ???」

      終演直前の玉置浩二のMCで、彼らを見いだした金子章平さんを亡くした悲しみを告げられた時、アンコールで聴かせてくれた曲が、章平さん関連のものであったことに気が付いた。
      往年のヒット曲が続々と……、でもこれは単なるファン・サーヴィスではない。
      玉置浩二流の金子章平という恩人への手向け、追悼の意志を込めたステージだったのだ。
      そこに至って、先に感じたこの日の「無力の剣」で感じた怖さの背景も、ようやく理解できたような気がした。

      楽屋で逢った彼は、章平さんの死について「号泣しました」と語ってくれた。
      できれば悲しいことなんて、無い方が良いに決まってる。
      だが、今回のような精神の起伏を、こうして音楽に昇華するのは、まさに彼らしい。
      きっと章平さんが最も喜ぶやり方であるように思う。

      「自分自身でさえコントロールすることが容易ではない振幅の激しいエネルギーに、自らの心身を捧げ、平穏であることを求めながらも創作に対する誠実さのゆえに無難な道を選ぶことができず、宿命的に新しい扉を次々と開けていかざるをえない玉置浩二。」(玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから 第16章より)

      僕がこんな文章を書いたのは、もう5年も前のことだ。
      しかしこの日の安全地帯のライヴを観て、ますますそういう僕の気持ちは強くなっている。
      posted by: 志田歩 | 安全地帯・玉置浩二 | 02:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 02:15 | - | - | - | - |
        先程はお電話ありがとうございました!
        大切な人の死。
        メンバーがそれぞれの想いを音で恩返しした様が眼に浮かびます。
        12月が待ち遠しいです。
        志田さんとの再会も例の話も楽しみにしております!
        | mune | 2011/10/22 3:29 AM |
        突然深夜にすいませんでした。例の計画、および再会を楽しみにしております!!
        | shida | 2011/10/22 11:39 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/614
        トラックバック