Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    保坂のぶとさん記者会見にいたる一週間
    0
      4月6日に保坂のぶとさんが記者会見を行うきっかけは、世田谷の市民団体の連携が生み出したもの。
      僕自身もシモキタ問題に関わる者の一人として、その強烈なリクエストが、うねりとなっていくプロセスに立ち会うことができた。
       実は「保坂のぶとさんに区長になってもらいたい」という声は、下北沢界隈でもかなり前からあがっていた。だが、当時の保坂さんは、国政を目ざしていたため、それはかなわぬ望みだと思われていた。

      しかし、そうした前提をひっくり返すきっかけとなったのが、3・11の東日本大震災であった。

      悲惨な現地の支援に全力投球する中で、保坂さんが、地方自治の大切さを改めてかみ締めていくようすは、ご本人のブログに詳しく記載されているので、ぜひご覧になっていただきたい。

      一方で3月30日、二子玉川にある喫茶店「じゅん」で、世田谷各地の市民運動の有志による集まりがあった。
      そのテーマは世田谷区長選挙。
      会合が始まった時の店内は、重苦しい空気に包まれていた。
      「真に必要なリーダーシップを持つ人を選ぶためには、きちんとした言論によるやり取りが必要なはずなのに、震災による自粛ムードが漂う中では、それもままならないのではないか?」
      「混沌とした状況の中で、各地の運動団体が連携して応援できる人物はいるのだろうか?」

      話は、地震、津波、そして原発事故が連鎖した東日本大震災におよんでいった。
      二子玉川の高層再開発、外環道、そしてシモキタ問題など、世田谷各地の問題を抱える人たちが集う現場で一致したのは、震災以後の日本には、環境を大切にする発想の転換が必要だという共通認識。
      その参加者の口々から被災地への支援にいちはやく取り組み、原発政策の転換を唱えている保坂さんの名前があがったのは、まさに必然だった。

      それから3日後の4月2日。
      今度は「保坂さんに、世田谷区長選立候補への意志を固めてもらうにはどうすれば良いか?」というテーマで、世田谷の市民活動の担い手が呼びかけあい、下北沢の北沢タウンホールで緊急のミーティングが行われた。
      最初はこの会議は十数名程度の規模で行われる予定だったが、知らせる時間がほとんど無かったにも関わらず、口コミによりおそるべき速さで広がり、出席希望者が殺到。急遽会場を広い部屋に変更して、総勢46名が熱く語り合う盛り上がりとなった。
      その熱気を受けて保坂さんが、4月6日に、今度はタウンホールの12階にあるスカイサロンで記者会見を行ったのは、先日お伝えした通りだ。


      午後二時からの記者会見が終わったその日の夜。
      一週間ぶりに行われた二子玉川の喫茶店「じゅん」の会合に、この日は保坂さんご本人も訪れた。
      今回の発端となったこの店で、彼が語る3・11以降のヴィジョンは、熱烈な拍手で迎えられた。
      この一連の流れについては、世田谷区のさまざまな市民運動と連携し確固たる信頼関係を築き、保坂さんと世田谷区の市民運動がリンクする上で貢献した一人会派「無党派市民」の区議会議員木下泰之さんのブログでも書かれているので、こちらもぜひご一読下さい。



      保坂さんと木下さんのツーショット@「じゅん」
      posted by: 志田歩 | Save the 下北沢 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 17:01 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/593
        トラックバック