Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ROBOT JAPAN ZERO 2010年代はロボット・エンタメの時代である
    0
      「ROBOT JAPAN ZERO」 その実態は二足歩行のロボットによるダンス・コンテストと格闘技トーナメント。 知人の主催だったので、たまたま見に行っただけなのですが、凄いエンターテイメント空間で大興奮! 出場ロボット大集合 MVPを獲得した猫型ロボット

      すごく細かい振り付けのダンス。
       打撃だけでなく、高度な投げ技まで飛びだす格闘技。
      リモコンを手にした操縦者の中には、プロレスラーみたいなマスクを被った人もいて、場内は爆笑しながらものすごい盛り上がり。

      アニメもコミックも、日本の誇るべき知的資産ですが、このロボットの世界も今後の日本が世界に打ち出す新しいエンタメとなるでありましょう。

      2010年代はロボットの時代!
      その幕開けに立ち会えて実にラッキーでした。
      突出したアンテナ感覚をお持ちの方々が集う場ともなっていたため、僕にとっては新しい刺激的な知人との出会いの場ともなりました。

      “未来”という言葉が、ここまで輝きを持って感じられたのは、実に久々。

      今回の「ROBOT JAPAN ZERO」は、3年前からこの企画の実現に向けて奮闘して来たマゼル・ジャパンの小熊一実さんが、遂に立ち上げるイヴェントの前哨戦でありました。
       
      本番の第一回目は4月10日(日)、今回と同じく築地本願寺ブディストホールで行なわれます。 これは今後も動きを追っていきたいと思います。

      ROBOT JAPANの詳細は、http://robotjapan.jp/ にて。
      posted by: 志田歩 | 雑記 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 02:22 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/569
        トラックバック