Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    カーネーション@渋谷CLUB QUATTRO
    0
      何かが直枝政広にとりついたのではないかと思うような、すさまじいライヴ!
      特に後半の間髪開けずに曲を繋げていくところは圧巻。

      他に個人的にビックリしたのは、『Young Wise Men』収録の「恋は底ぬけ」。
      アイリッシュ・テイスト交じりのハチロク系のビートなのだけれど、『Young Wise Men』のリリースは88年。
      ワールド・ミュージック・ブームのシンボルともいうべき『ソロ』のリリースが87年なので、 ワールド・ミュージック・ブームの初期に、カーネーションはすでにアイリッシュ系のリズムとビートに取り組んでいたことになる。

      場内では10月の“PEACE MUSIC FESTA”で知りあったカーネーションの熱烈なファンからたまたま声をかけていただいたことがきっかけで、カーネーション・ファンの集いに乱入。
      カーネーション・ファンの音楽情報の豊かさ&MUSIC MAGAZINEの閲読率の高さもあって、かな〜り好き放題に喋らせていただいた。

      その後も下北沢に移動してDJイヴェントでさらにひと盛り上がり。

      ソウル・フラワー・ユニオンとカーネーションの接点抜きにはあり得なかったこの夜の出会いに感謝!のクリスマスでした。
      posted by: 志田歩 | ライヴ | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 01:39 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/566
        トラックバック