Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    特訓の日々
    0
       ここ数日、原稿も書かなければブログの更新もしないで、昼夜逆転生活。
      で、何をしていたかと言うと、新曲のデモ音源作り。

      先日、東新宿アコースティック・アートに出かけ、オープン・マイク「TOMOの音楽夜会」で、いきなり当日書いた新曲をやるという暴挙をしでかしたら、お店の良いムードに触発されて、その経験自体が新たな刺激となって、帰路にはもう、サビのメロディと歌詞が頭の中に生まれ、なんとかそれを形にしようとして悪戦苦闘。
      曲調はシンプルなのだけど、イメージとして浮かんだのが、なぜか今までやったことの無いタイプのリズムだったため、ものすごく苦労した。
      はじめは久々に多重録音も考えたが、弾き語りでやることも念頭に置いたら、姑息なはしょり方を思いつき、それでもどうしても特訓する必要が……。

      普段、自分の表現については、テクニック面で武装放棄(笑)するのが信条なのだけれど、今回ばかりは自分のイメージを形にするために、生まれて初めてといっても良い位、ギターばかりいじっていた。

      夕方に「TOMOの音楽夜会」にもお付き合いいただいた六弦詩人義家のライヴを見るため、自宅作業を中断した後、スタジオに入って3時間。なんとかメンバーには聴かせられるかな、というレベルまで持っていって、帰路に上機嫌でMotherに寄ったら、またしても六弦詩人義家と遭遇!

      この偶然の連鎖は何なんだろうね?

      勢いで新曲「唄のアジト」の歌詞もここにアップしてしまいました。

      さ、原稿仕事に復帰するぞ〜。
      posted by: 志田歩 | 音楽活動 | 04:04 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 04:04 | - | - | - | - |
        志田さん
        昨夜はDaisyBarに来場
        ありがとうございました♪
        Motherでもお逢い出来てうれしかったです。
        | 六弦詩人義家 | 2010/12/22 7:11 AM |
        六弦詩人義家さんの邁進ぶりに感化されているところもあるかも。昨年の寿町に始まり、オープンマイクでも共通体験できたのは嬉しいですね。今後もヨロシク!
        | shida | 2010/12/22 1:39 PM |
        こんばんは。昨日はご挨拶することが出来てうれしかったです。
        「唄のアジト」の歌詞を拝見して、「どんな曲調なんだろう〜ムーディな感じ?かな?」と楽しみにしています!
        | Pam | 2010/12/22 10:52 PM |
        「唄のアジト」は超アッパーでダンサブルです。弾き語りもバンドで消化するのも、グルーヴを出すためのハードルは高いですが、僕の脳内では寿町で爆発的に踊る人達のイメージが浮かんでおります。
        お楽しみに!
        | shida | 2010/12/23 12:16 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/564
        トラックバック