Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    映画「ミツバチの羽音と地球の回転」
    0
      「六ヶ所村ラプソディー」などで知られる鎌仲ひとみ監督の新作ドキュメンタリー。
      主軸は瀬戸内海・祝島の原発問題で、農業、漁業を営む島民の生活、80年代から続く反対運動を描いている。
       建設予定地の埋め立てを巡る電力会社と島民の攻防の現場にも敢然と踏み込んでおり、運動に関わる人々の発言の数々も感動的。
      だがそれだけではなく、監督はスウェーデンにもおもむき、風力発電、波力発電など、化石燃料に依存せずに文明を維持していく可能性を、示唆していく。
      島民をとらえる視点では地を這う一方、エネルギー対策については、地域や時代を超越した鳥瞰的な視座を獲得した知的ヴァイタリティが素晴らしい。
      その結果、告発的なドキュメンタリーに必然的につきまとうヘヴィな現状だけでなく、極めて希望に満ちた未来図をも描くことに成功している。
      人類の未来に対する希望を、真摯に探究する監督の姿勢抜きには生まれ得なかった画期的なドキュメンタリーだ。
      音楽を担当しているのはShing02。

      なお、この映画、12月11日に下北沢のアレイホールでも上映会があります。
      昼・夕の二回上映で、監督の鎌仲さんと、“下北沢商業者協議会”代表の大木雄高のトークなどもあり! “Save the 下北沢”と“下北沢商業者協議会”のブースも出展しております。

      【日時】2010年12月11日(土)   
      12:00開場   12:30〜14:45上映(1)  
      15:00〜16:00   大木雄高トーク & たける ライブ  
      17:00〜19:15  上映(2)  
      19:30〜      鎌仲ひとみ監督 & 大木雄高 トーク  
      21:00       終了予定

      ※映画は一回ごと入替制。トーク&ライブはどちらの回の参加の方もご参加頂けます。
      ※上映(1)は小さなお子さんの方でも入場可になります。お子さん連れの方の座敷席を準備いたします。多少の賑やかさをご了承下さい。
      ※マイカップ、マイ箸、マイ皿、エコバックなどの持参のご協力をお願いいたします。

      【開催場所】アレイホール(下北沢北口より徒歩2分)
      世田谷区北沢2-24-8下北沢アレイビル       
      tel:(03)3468-1086       
      posted by: 志田歩 | 映画 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 22:39 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/560
        トラックバック