Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    安全地帯復活の日
    0
      朝のヒットスタジオCONCERT。
      サンプラザ中野くん、杏里、鈴木雅之、大黒摩季という順番で、安全地帯はトリ。

      セッティングに時間がかかり、トラブルかと不安になったものの、一曲目の「じれったい」が始まると、ギターを担いだ玉置が、マイクをつかんで駆け回りながら歌い出す。だったらギターを置いておけばもっと動きやすいだろうに……、とも思うが、いかにも嬉しくて駆け回らずにいられないといった気持ちが伝わってくる。
      二曲目の「熱視線」では、複雑なブレイクで、生演奏の醍醐味を発揮。
      さらに「好きさ」「ワインレッドの心」。
      「ワインレッドの心」の終わり際には、田中裕二がドラムセットの後ろにあしらえたドラをド〜ン!と打ち鳴らす。
      バンドの復活宣言に代わる渾身の一撃といったところか。
      さらにニュー・シングルの「蒼いバラ」へ。
      ここまで演奏は、一切間を置かずに続けていく。
      この集中力はさすが。
      そしてライヴで聴く「蒼いバラ」は、予想以上に凄かった。
      冒頭ではやんちゃで元気な雰囲気を振りまいていた玉置だが、ここではドラマチックなメロディと意味深な歌詞が、ヒシヒシと迫ってくる。
      後奏のツイン・ギター・ソロは、もっともっと続けて欲しいところだが、今回は時間の制約もきつそうなので、ツアーでのお楽しみとしておこう。

      ここで一段落して、メインキャスターの小倉智昭が登場、「おかえり」と呼びかけるセリフが気が利いている。
      なにしろ曲を繋げていて声を出すタイミングが無かったけれど、僕自身も本当に「おかえり」と叫びたい気持ちになっていた。

      アンコールは「悲しみにさよなら」
      そしてコメントにかえてアカペラで「夏の終わりのハーモニー」。

      決して長い演奏時間ではなかったが、「蒼いバラ」を中心にした構成に大満足。
      ワインレッドを越える安全地帯の新たな旅立ちにふさわしい門出だった。
      posted by: | ライヴ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 22:24 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/54
        トラックバック