Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    安全地帯武道館2Days終了
    0
      10月5日、6日 安全地帯@日本武道館
      玉置浩二の凄さは十分に知っているつもりだが、それでも予想以上のステージだった。
      ツアーを重ねるに従って、微妙に構成は変化していたが、アコースティック・セットからの転換を短くするなど、ショーとしての密度とテンションを高めるために、本人の体力的な負担を大きくするものだったのも驚き。

      「情熱」をカットしたのも「We're alive」「I LOVE YOUからはじめよう」を引き立たせる上での積極的な選択だったと思う。
      「あの頃へ」「Lonely Far」など、個人的に思い入れしてしまうみどころも多々あったが、あれだけヒット曲を盛り込みながらも、「雨」「オレンジ」という新作の収録曲でクライマックスを生み出す現役感が素晴らしい。
      6日の「雨」は、玉置のヴォーカルの即興的な閃きが凄まじく、楽曲の構成自体が5日と異なるものになっていた。

      そして「オレンジ」。

      「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」でも、この楽曲の重要性は指摘させてもらったが、ステージ右側で跪いた玉置、ステージ左側でエモーショナルなギターを奏でる矢萩のコントラストは、広いステージの効果を最大限に活用したドラマチックな名場面で、そのシアトリカルなインパクトにふとドアーズの「名も無き兵士」を連想。
      マジで二日とも涙が出た。

      曲目はほぼいっしょであるにも関わらず、一日目の成果をなぞろうとせずに、さらに高みを目指す熾烈なまでの志の高さは、孤高の領域。

      かつてジェフ・バックリィは、いつも冒険的なステージを行なっていく心意気をこう語った。
      「俺たちが断崖から飛び降りれば、必ずパラシュートが開くんだ」
      毎回新たな挑戦、実験を繰り返す玉置も、そう自分に言い聞かせながら挑んでいるに違いない。

      メンバーも大変だと思うが、それを成し遂げる醍醐味は、他では味わえないものだろう。
      だからこそ、安全地帯復活なのだな、と思った。
                    *
      なお、5日の開場前に物販ブースの様子を見ていたら、次々と「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」を手に、僕のサインを求める方が現れたため、急遽二日間ともブースの中でサインをする場所を与えていただき、トイレに行く暇もないほどの大盛況となりました。

      「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」を購入してくださったみなさま、急な事態に速やかに対応していただいた物販ブース現場スタッフのみなさま。どうもありがとうございました!
      あまりに短い時間に多くの方とお会いしたので、お名前と顔が一致しない方もありますが、Twitterなどでお名前のみ知っていた方や、これまでのいきさつでお世話になった方々ともお会いできて嬉しかったです。

      またね!
      posted by: | ライヴ | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:05 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/4
        トラックバック