Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    23歳で散ったあなたに 映画「コントロール」を観た日
    0
      13時 渋谷にて「コントロール」の試写会。
      監督はアントン・コービンで、ジョイ・ディヴィジョンのイアン・カーティスを主人公にしたドキュメント映画。音の使い方が抜群で、イアン・カーティスがセックス・ピストルズのマンチェスター公演で衝撃を受ける場面など、凄いリアリティ。彼が憧れていたデヴィッド・ボウイの使い方も、時代考証がしっかりしているのは、さすがに音楽畑の人物による監督作品だと納得。

      そしてジョイ・ディヴィジョンの演奏場面が衝撃的なまでにかっこよく、改めて作品を聞き直そうと決意。監督の思い入れの強さが、素直に伝わってきた。

      映画としてはルイ・マルの「鬼火」を連想した。
      共通点1 主人公が最後に自殺する
      共通点2 モノクロの映像が美しい
      共通点3 音響の使い方に、並々ならぬ神経をつかっている
      見終わってすぐに、仕事としてこの映画を紹介したいな、と思った。

      と同時にイアン・カーティスが死んだのが、23歳の時だったと気がついて、
      僕自身も自殺により失った友人Jが23歳だったことを不意に思い出す。
      実は僕にとって「鬼火」は、Jを失った直後に、何かに取り付かれたように名画座で繰り返し見た映画だった。


      15時半 京橋に移動し、「ネガティブハッピー チェーンソーエッヂ」の試写会へ。
      これは滝本竜彦の原作を、北村拓司監督が初長編として製作したもの。
      最初は荒唐無稽なアクションに感じたが、
      物語が進行するにつれ、これもバイク事故で死んだ友人の後ろ姿を、自分の心の中で追い続ける少年の物語であることに気がつき、不思議な気分になる。
      僕がバイクにのるきっかけは、Jの影響だったし、
      映画の中では残された主人公達が、死者の残した詩に曲を付けるが、
      僕が最後にJとあった時、彼が僕に手渡した自作の詩集は、形見になってしまったのだ。

      偶然はこれだけではなかった。
      この日の夜は、丸の内で厳しい闘病生活を終え、関西から出てくる大学時代の友人Tを囲む同級生の集まりがあり、そこにやってきた6人のうち2人とは、なんと23年ぶりの再会だったのである。
      この日久々に集まった同級生は、闘病を乗り越えたTを励まそうという優しさの持ち主ばかりとあって、全員が素晴らしい面構えだった。

      帰宅途中、下北沢で呑んでいるとの連絡を受け、
      ライヴ後の近藤智洋、それに飛び入り出演した塚本晃、そして石毛さんと呑み……。


      一歳年上だったJが亡くなってから24年。
      今の僕はJが散った時のちょうど倍の年齢になった。
      今の僕にとって、Jのことはすでにトラウマではない。
      今の僕の一部を成す存在として、ずっとそばにいるような親しさを感じている。

      そしてそんな安心感の中から、次に自分が取り組むテーマが現れてきそうな予感がしている。
      posted by: | 映画 | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 04:45 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/283
        トラックバック