Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    安全地帯全国ツアー初日@よこすか芸術劇場
    0
      リクエストいただいていたのに遅くなってすいません。
      曲目などはこれからご覧になる方のために、ネタバレにならないようにしておきます。

      緩急の起伏に富んだ構成で、しかも曲を立て続けに演奏する集中力と体力は半端じゃない。
      しかもすんごいオブジェがあるなぁと思ったら、あっさりと引っ込めてしまうなど、演出もド派手&贅沢。
      場内の客層は意外に若く、しかも以前より男性が多かったのは、改めてロック・バンドとしての認知が進んでいるからかも。
      僕がず〜っと騒いでいる「アンプラグド・ライヴ」(この呼び方は好きでないのですが)を思い出させる部分もあったけど、あの時と違うのはメンバーの表情の明るさ。
      カルロス菅野、松田真人、川村ケンという三人のサポートが入る編成は、3月のステージといっしょだが、サポートとドラムスの田中裕二に任せて、玉置、武沢、矢萩、六土の四人が揃って前にグングン出てくる場面など、バンドとしての意識がヒシヒシと伝わってくる。
      サポートも猛者揃いだが、特に川村ケンのキーボード・ワークは、ちょっとプログレ交じりのところに、かなり惹かれてます。

      実は今回はスタジオでの通しリハーサルをたまたま拝見する機会があったため、曲目は事前に全部分かっていた。つまりけっこう冷静に見られるコンディションだったはずなのだが、それでもここぞ! という場面では、くるぞくるぞと分かっていながら、マジに鳥肌が立ってしまった。こんな体験は初めて!

      完全復活という言葉にふさわしく、安全地帯というバンドが期待されていることを、期待以上のテンションで応えてくれるライヴだった。
      「ほんとにみごとに、僕らが『こういう風にして欲しい』って思う通りにやるんだよ。あれはびっくりした!」
      という言葉は僕が「玉置浩二 幸せになるために生まれてきたんだから」で取材した金子章平氏の証言。

      そういうことなんだよね。
      posted by: | ライヴ | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 02:02 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/24
        トラックバック