Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    映画「へばの」
    0
      青森県生まれの木村文洋監督が、六ヶ所村を舞台に描く初の長編作品。
      再処理工場での体内被曝事故という実際にあった事件をテーマに、
      被爆した作業員とその恋人のラヴ・ストーリーという形で構成されている。

      へばの とは、さようなら という意味だそうで、
      青森の方言を使ったセリフが、現地の生活を生々しく伝える上で活きている。

      事故がきっかけとなって、関係に大きな変化が起きるカップルの背景に
      流れるのが、なんと安全地帯の「恋の予感」!!!!

      しかも最初はカーステから流れるという設定で、二回目はヒロインの鼻歌、
      三回目は挿入歌としてド〜ンと流れるという執拗さ。
      意表を突いた組み合わせだったが、やりきれない切なさを強調する上で、非常に効果的だった。

      前半は「良心的で地味な社会派の映画の割には、ラヴ・シーンが濃厚だな」という印象。
      ところが、終盤は映画の設定を壊しかねないほどの暴走ぶりで驚かされた。

      低予算の辛さが皆無といったらウソになるが、
      黙示録めいた物語の広がりと突き放すような終わり方には、
      (おそらくこんな連想をするのは僕だけだろうと思うが)
      「デビルマン」の原作コミックを連想してしまったほど。

      この監督、何かやらかしてくれそうな“予感”。

      第32回カイロ国際映画祭International competition for Digital Feature Films シルバーアワード受賞作品
      2009年 ポレポレ東中野にてロードショー
      公式ページは http://teamjudas.lomo.jp/
      posted by: | 映画 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:56 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/204
        トラックバック