Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    加藤志乃ぶ& orange cloud at ペンギンハウス
    0
      溜まっている原稿に追われて、開演ギリギリのタイミングでペンギンハウスに。
      またも高円寺かい!
      12/22の稲生座では、タイバンという形だったが、今日はカバンにピンクのタオルを潜ませ、客席でじっくりと加藤志乃ぶ& orange cloudを堪能。

      加藤志乃ぶが、かつてない解放感に満ちたパフォーマンスで、グイグイと3人の野郎共を引っ張って行く。髪型を変え、ラリー・マレン・ジュニアのような風貌でシャープなオカズを叩き込む伊藤孝喜。超マニアックなMCに、ついホロリとさせられてしまった久保昭二。5弦ベースならではの歌心に満ちたフレージングが光るてりぃ。
      客席にはQRE、そして高円寺の新たな名物男の姿も。
      ステキな仲間と共に、互いに新たなステップに突入できたことを実感させる渾身のステージ!
      不思議なことにTeazer-1のライヴが、すごく昔のことに思えてしまう。来年はもっともっと高いハードルに向かってジャンプしようね。



      そして思わぬもうけものだったのが、二番目に登場したスリー・ピース・グループのえじら。ツェッペリン風のビートとジェフ・ベック風のギターでアレンジしたビートルズ・ナンバーなど、凝りに凝ったエンタテイナーぶりで、理屈抜きに楽しませてもらった。

      彼らのウェブをチェックしてみたら、メンバーそれぞれに活躍しているようで、例えばギタリスト江崎哲朗さんが、やっている江戸ZEP(仮)はこんな感じ
      炎上してる飛行船の形状が爆笑もの。
      そ〜と〜に奥行き深そうな方々であった。
      posted by: | - | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 11:19 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/182
        トラックバック