Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    映像を撮って生きる生き物 想田和弘インタヴュー
    0
      3月17日のブログで書いたドキュメンタリー映画「精神」の想田和弘監督にインタヴュー。
      取材にこぎつけるまでには、かなりの労力を必要としたが、実現できたぶん、喜びも大きい。
      前作「選挙」、自作「演劇」の話も交えつつ、彼がドキュメンタリーを撮る姿勢を掘り下げていった。
      客観報道といった幻想をいっさい持っていない彼の発想に、大きく共感。

      特に印象的だったのは、精神科の診療所の患者さんの撮影のセッティングに貢献した彼の奥さんが、精神的な不調を訴え、彼女自身が診療を受けようとした時に、彼はカメラを持ち込み、それを奥さんから怒鳴りつけられた時のエピソード。

      映画を撮影する生き物に徹するということは、時として家庭人としてのひんしゅくを買う。
      脳の使い方が映像を撮る生き物として特化している者の凄みを感じた。

      記事はスタジオボイス6月発売号に掲載予定。

      釜山国際映画祭とドバイ国際映画祭で、それぞれ最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。
      6月から全国で順次ロードショー。
      posted by: | 映画 | 01:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 01:54 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/142
        トラックバック