Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ボブズフィッシュマーケット再結成
    0
      マスターだった陽介さんの他界に伴い、5月いっぱいで移転する「ぐ」のシリーズ・ライヴ。かつてフライング・ドッグからアルバムを発表したことは知っていたものの、音は全く聴いたことがなかったボブズフィッシュマーケット。なんと30年ぶりの再結成で、もちろんベースは吉田達二!
      彼と知り合ってからは15年ほどになるが、彼がやっていたバンドの再結成ならば、当時を知らなくても、ぜひ観てみたいと思って臨んだ。元々陽介さんから再結成を強く薦められていたということもあって、元フライング・ドッグのスタッフも複数立ち会うなど、客席もステージも半端じゃない気合い。椅子を全部出してオールスタンディングに変更するというほどの盛況ぶりだ。

      MCで夕焼け祭りのことを話す口調は、70年代のことなのに先月みたいな感じ。バンドとしての共通体験の生々しさは、きっとそういうものなのだろう。

      サウンドはブルージーなアメリカン・ロック・スタイル。
      10代の頃の僕には苦手だったジャンルだが、30年ぶりに再結成してくれたおかげで、その醍醐味を堪能させてもらった。
      特に凄いのは日倉士歳朗!
      ドライヴしまくってグルーヴでバンドを牽引していく彼の演奏を聴いたら、スライド・ギターという楽器のイメージが変わってしまった。


      ザ・バンドのナンバーもめちゃくちゃはまっている。
      そういえば今日のこの場所の意味合いは、ラスト・ワルツに通じるものがある。
      陽介さんの他界、多くの人々が集った店の移転。ひとつの時代の終わりを感じざるを得ない。
      しかし今回再結成した彼らは、レコーディングも予定しているという。
      一時代の終わりは同時に始まりでもあるのだ。
      posted by: | ライヴ | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 19:46 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/139
        トラックバック