Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    リアム・オ・メンリィ@渋谷DUO MUSIC EXCHANGE
    0
      山口洋のゲスト出演にも惹かれて観に行ったところ、会場に入ると、最前列に空席を発見し、「俺が聴いてるよ」モードに突入。
      リアムは以前フジロックで観た時に較べても、天然さに磨きがかかった感じで、ジャケットを着てるのに裸足というヴィジュアルがなんとも独特だ。
      アカペラで始まり、ボーラン、笛、親指ピアノ、アコースティック・ピアノなど、楽器を持ち替えつつ、演奏していく。それなりの年齢になっているはずなのに、ロックの範疇を軽々と逸脱する佇まいは、なんだか妖精のよう。

      とはいえ後半の山口とのセッションになると、山口はリアムよりいっそう若く見える張り切りぶり。ヤイリのエレアコで、リアムを見つめつつ切り込んでいく。彼のギターの腕前の凄さは、今さら言うまでも無いが、いわゆるスタジオ・ミュージシャン風の振る舞いとは対極のキャラクター性をむき出しにしているのが痛快だった。
      posted by: | ライヴ | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 02:22 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://shidaayumi.jugem.jp/trackback/134
        トラックバック