Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    6月22日 首相官邸前のアクションで気が付いたこと、気がかりなこと
    0
      毎週首相官邸前で行われている再稼働反対の街頭行動が、1万人を越える規模になっているにも関わらず、ほとんどネット上でしか伝えられていない、という話を知り、6月22日の現場に参加した。
      まだきちんと論点を整理できてはいないが、自分なりの体感から気が付いたこと、気になることを、書き留めておきたい。


      最初に自分の立ち場を明かしておくと、僕が1984年に大学に提出した卒論のテーマは「国際関係から見た日本の原子力」。また自分が1991年にOZmaというバンドで発表したミニ・アルバムのタイトル曲「Home Sweet Home」は、もろに原子力発電所という言葉を歌詞に使っている。つまり長年原発については危惧を持ってきたし、それゆえにチェルノブイリの事故の後、1988年の日本の反原発の動きがブームとして消費されてしまったことについては、歯痒さと同時に後ろめたさも感じてきた。
      以下はそうした背景を持つ者の独白である。(敬称略)

      ○あまりにも大規模なアクションになると、渦中にいる者には全貌が分からない
      主催者発表で4万5千人、警視庁の調べでは1万人と発表されているが、人で溢れかえっており、現場では「六本木まで列が続いている」という声を聞いたものの、どこまで列が続いているのか想像もできなかった。
      また現場ではtwitterもfacebookも非常にアクセスしにくくなっていた。これはあの場にいた人々が、同時多発的に情報発信したためだと思う。
      渦中にいる時は定かではなかったが、官邸内にまできちんと声が届いていたことは、帰宅後にネットで見た報道ステーションの動画によって知ることができた。

      ○首尾よく列の一番前の方に居場所を確保できたため、色々な人のトークを聞くことができた
      80年代の盛り上がりのきっかけともなった「危険な話」の著者、広瀬隆のトークはすさまじくテンションが高かった!
      山本太郎はさすがに役者だけあって、弁舌の滑らかさも芸を見ているよう。
      社民党の福島瑞穂、共産党の志位和夫、マエキタミヤコなどのトークを聞くことができたが、みんなの党の川田龍平の語り口は、声も穏やかで以前シモキタ問題の関連で直接お会いした時と変わらず押し付けがましさがない感じ。「裏表が無い人」という印象を受けた。
      そうした“有名人”とは違って最前列で(矛盾した言い方ですが……)黙々とシュプレヒコールを繰り返していたECDの謙虚さも美しかった♡

      ○マスメディアはほぼ無視している再稼働賛成派の振る舞い
      17時40分頃に現場につくと、隊列の一番前を立ちふさがるような場所に陣取っていたのが再稼働賛成派。僕にはその数は100人程度に見えた。あそこまで極端に数が違う中で、堂々とアピールするのは、正直言って「度胸あるな」とすら思った。
      ただしプラカードの種類はまちまちで様々な階層の人がいるように感じられたものの、中には再稼働に反対する人に対して、「キチ外」とか「死ね」とか、極端に下品な言葉をぶつける類いのものもあった。
      ここまで挑発的な言動となると、「暴力的な行動を引き起こすことを意図的に狙っているのでは?」「それによって利する者は誰か?」などと勘ぐってしまう。

      再稼働反対の隊列の正面を通っていく再稼働賛成の隊列。
      「もしも群集心理で暴力沙汰になったら、今回のようなアクションを企画する側にとっては、大きな打撃となる」と思って緊張した。

      ○報道陣の振る舞い
      “仕事だから仕方ない”という見方もあるかも知れないが、良い画を撮るために参加者を無言で押しのけて当然といった態度のジャーナリストがいるのは不快だった。
      せめて「すいません後ろ通ります」位の声をかけられないものだろうか?
      参加者の多くは、先週までのマスメディアの黙殺状況を知っているためか「マスコミは引っ込んでろ!」と怒声をあげる者もいた。
      現場での振る舞いで信頼を得ないと、マスコミへの不信感は募るばかりだと思う。

      ○NHKで報道されないのはなぜ?
      僕の知る限りでは、今回もNHKでは報道されていない。NHKが総額900億円超の電力会社の事業債を保有しており、電力会社と利害が共通していることの問題はすでに指摘されているが、実際の職場ではどうなのだろう?
      NHKには大学の同級生をはじめとして、人間的に信頼している友人がたくさんいる。
      そのうちのひとりから聞いたところによると「NHKの中にもまともな報道をできないことを嘆く人間はたくさんいる」とのこと。
      しかしそれにも関わらず「原発のように是非で意見が分かれる問題を職場で口にすること自体がはばかられる雰囲気」なのだそうだ。
      僕が彼に友人として言えることは、「自分の人生を終える時に悔やむことがないように、それぞれの現場で頑張っていくしかないよね」くらいのものだろうか……。

      ○情報の断層への危惧
      被災地と関東では、震災に関する温度差がかなりある。
      それを暴きだしたのが例えば森達也、綿井健陽、松林要樹、安岡卓治の共作によるドキュメント映画「311」の功績だったと思うが、関東と関西でも今回の再稼働問題への温度差はものすごくあるようだ。さらにネット環境の違いによって生じる情報の格差もすさまじい。
      大学時代には原発問題の意識を共有していた関西の友人に、今回の件を話してもそれを痛感した。
      その友人はtwitterもfacebookもやっていない。TVでも報道されなければ、今回のように直接話さない限り、知りようがない。むしろTVの報道で伝えられることばかりに関心が集中していくのは当然といえる。
      以前、彼にシモキタ問題のことを伝えた時も「関西では報道されてない(≒たいしたことじゃない)」というニュアンスの応答を受けて、こちらもついけんか腰になってしまったことがあるが、こうした情報の断層が国内で広がっていくのは、正直言って怖い。
      この友人にはその後「ここのリンクで様子が分かるよ」とメール(このテキストのように長大ではなく、極めて短い簡潔なもの)しているのだが、残念ながら今のところレスは無い(泣)。

      落差が大きくなればなるほど、その反動も急激な混乱を生む。
      一つ間違えば、大規模な流血騒ぎもあり得るのではないだろうか?
      理想的なのは情報のプラットホームがきちんと機能することだが、あいにくと僕自身が、客観、中立を自称する輩を信じない“偏った輩”なので、パラドックスにぶちあたってしまう……。


      ちなみに、僕は6月22日は星野裕矢といっしょにいき、同じ現場を目撃してきた。
      その体験がそれぞれの表現にどう影響するのか、あるいはしないのか、ということも含めて6月29日のステージを楽しみにしている。

      ★06月29日(金)
      三軒茶屋グレープフルーツムーン
      星野裕矢企画Vol.3〜多世代共棲音楽生態系〜
      出演:Puca、星野裕矢、蠣崎弘、志田歩&Teazer
      18:00オープン 19:00スタート 2000円+オーダー


      星野裕矢企画Vol.3〜多世代共棲音楽生態系〜まで、
      あと6日!
      posted by: 志田歩 | 雑記 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2月13日 グリーンアクティブ立ち上げ記者会見
      0

        衆議院議員会館の会議室で行なわれたグリーンアクティブの立ち上げ記者会見。
        オフィシャル・ページを見れば分かることだけど、
        単なる政治勢力ではなく、文化、経済、政治まで、多岐に及ぶフィールドでの連携を呼びかけるもの。

        代表である中沢新一氏が、昨年発表した「日本の大転換」の中で、設立を宣言していた「緑の党のようなもの」が、公に動き出したことになる。

        写真は、左奥から順に宮台真司(発起人)、いとうせいこう(発起人)、鈴木邦男(賛同人)、鈴木耕(賛同人)、鈴木幸一(通称南兵衛さん 賛同人)、前列左からマエキタミヤコ(発起人)、中沢新一(代表 発起人)、加藤登紀子(賛同人)という顔ぶれ。

        僕も記者席から質問させていただいたところ、「原発」都民投票 請求代表者でもある宮台真司さんの答からは、
        「空気に縛られる社会」から「知識を尊重する社会」へ向けての長いプロセスを意識した動きであることが、極めて明晰な言葉で伝えられた。

        宮台さんとマエキタさんは、“SHIMOKITA VOICE”のシンポジウムでパネラーとして参加していただいたこともあるが、今回直接、この記者会見の情報を教えていただいたのは、マエキタさんからだった。
        マエキタさんは、今回グリーンアクティブの政治部として設立されるエコロジー政党、緑の日本の代表も務めていくとのこと。

        彼女の活動を知るには、
        http://www.sustena.org/
        などをご覧いただくのが良いと思うが、
        今回に先立って、直接一対一で超多忙なマエキタさんとお会いした機会の印象も、せっかくなので書いておきたい。

        唐突な表現で恐縮だが、彼女の表情、言葉遣いなどから僕が連想したのは、80年代に僕がぴあで音楽担当として電話取材した時のシンガー、永井真理子さん。
        何か放つエネルギーの質で通じるものがあるように感じた。
        これだけじゃ全然意味不明だと思うので、背景を説明させてもらうと、
        僕が取材した時は、いわゆる年末進行の最中で、僕は2時間睡眠が10日続くようなヘヴィなコンディションだったが、20分あるかないか程度の電話取材を終えてみると、彼女のハキハキとした応答もあって、すっかり疲労から回復したという経験があった。
        失礼ながら取材前は特にファンというわけでもなかったのだけれど、それだけに「この人のエネルギーは凄い!」と感服したのだった。
        今回の記者会見の準備にも追われる中で、マエキタさんもさぞ多忙だったろうと想像するが、そんな中でマエキタさんの放つポジティヴなエネルギーは、僕にとって四半世紀も前のことを思い出させるほどの衝撃的なものだったのだ。

        ちなみに写真の中でマエキタさんが、服に付けているのは、様々な市民運動の缶バッジ。
        記者会見という場で、こうしたアピールを見せるセンスもイキだな、と思う。
        posted by: 志田歩 | 雑記 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        動き始めたココロ
        0
          ここ最近のことで、多数の方から心配して連絡をいただきました。
          どうもありがとうございます。
          以下は、お礼とご報告に代えて……



          母を亡くしてからずっと心がすくんでいるのは自分でも分かっていた。
          己の頼りなさに加え、喪主としての立ち回りやその他に心配してくれる人との関わりの中で、
          どんなに理不尽に感じたり、腹立たしく思った局面があっても、
          ひたすら感情を押し殺して波風を立てないようにしている自分がいた。

          だがそれは「母を弔う期間を荒らしたくない」という口実の元に、
          実は最も自分が忌み嫌っていた「ことなかれ」な振る舞いなのではないか?
          そんな自分への不信感は、ジワジワと自己嫌悪となって降り掛かってきた。

          11月、12月のライヴは、火事場のクソ力的な勢いで乗り切ったものの、
          2月1日の準備は、辛かった。

          「こんな人間が人前で何を歌えば良いんだろう?」

          とりあえず無難な選曲で乗り切ろうとしている自分の脳内に、警報が響いた。

          『ここでもお茶を濁して、空振りしたら、もうお前は歌う動機すら無くしてしまうぜ』

          「ひょっとしたら、もう自分は音楽などやるべきではないのではないだろうか?」

          そこで思いついたのが真逆の選択だった。
          自分が音楽をやる動機を保つためには、
          今の自分の弱さをさらすという課題がハードルとして浮かんだ。
          自分の偽善ぶりは良く分かっているけど、せめて自分が歌う歌に対しては、最低限の誠実さを持って挑もう。
          観客に八つ当たりをするつもりはないが、「暗い!」と言われるのは覚悟した。
          その上でなにがしか、現場に立ち会って良かったと思ってもらえるものを出せるのだろうか?

          今回あえて選んだ「優しすぎた獣」のモデルは、すでに故人となった僕の友人だが、
          彼の弱さと僕の弱さには、以前からなにかしらシンクロするものがあるように思っていた。
          しかしあまりにも深刻すぎる作風ゆえ、セレモニーとオープンマイクでしか歌ったことは無かった。

          ライヴの現場では、そんなヘヴィな選曲で臨むことに対し、いっさい異議を挿むこと無くデュオの相方を務めてくれたkubottiにも多いに助けられた。

          そして客席が歌をしっかり受け止めてくれたという実感を持ってステージを終えた時、
          自分の心はすくむことをやめ、動き出していた。


          エールを送って下さったみなさま、本当にありがとうございます。
          今回の経験を糧に、さらに貪欲に行こうと思いますので、今後もよろしくお願いします。
          posted by: 志田歩 | 雑記 | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          街頭署名ご報告
          0
            事前から微妙な雨模様で、スタッフからは「本当にやるの?」との電話が何件か。
            とはいえ事前に「雨天中止」と言ってない以上、事前の告知で気ていただく人のことも考えて強行。
            結果的には、悪天候とは思えないほどのホットな反応で、三桁に達する署名を集めることができた。
            形にしたいけど形にできないもどかしさを、を越えるためには、今回のような執念が有効な時もあるののだ、と実感した。
            皆さん、お疲れさま!
            署名していただいた皆様、ありがとうございました

            体はすごい勢いで冷却されたけど、励みになる体験でした!!
            posted by: 志田歩 | 雑記 | 22:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            原発の是非を問う都民投票
            0
              新年第一弾は原発関連の都民投票実現のための署名のお知らせです。
              ●世田谷区で街頭署名
              日時:1/23(月)14:00〜16:00
              場所:小田急線下北沢駅北口
              シモキタ問題でお馴染みの顔ぶれと街頭におりますので、よろしくお願いします!
              posted by: 志田歩 | 雑記 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              良いお年をお迎えください
              0
                ということで、今年も今日で終わり!
                世の中の動きも自分の環境も、本当にヘヴィな年でしたが、来年こそ良い年になりますように。

                なお、2012年のライヴ第一弾は、以下の予定ですので、よろしくお願いします。
                ★02月01日(水)新橋ZZ
                志田歩 with kubotti
                当日2500円 予約2000円
                東京都港区新橋4−31−6−B1
                03−3433−7120
                posted by: 志田歩 | 雑記 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                母のこと
                0
                  だいぶご無沙汰してしまいました。
                  今回は本当に多くの方から温かいメッセージをいただきました。 まだまだやらなければならないこと、早急に決めなければならないことが山積みで、個々に連絡できていない方がたくさんいて、申し訳ありませんが、本当にありがとうございます。

                  おかげさまでお通夜と告別式は、無事に行うことができました。

                  普段やり取りをおろそかにしていた親戚のありがたみを肌身で感じたりと、学ぶことの多い日々でもあります。

                  僕にとって母は、親としての愛情を注いでくれるだけでなく、ある意味で同志でもありました。
                  特に思い出深いのは『花よ 大地よ 月よ 銀河よ』のジャケットのタイトル文字を、書いてもらったことです。

                  わざわざ母親にこうした依頼をしたのは、母親が多少は毛筆で書いた字が多少なりとも仕事になるだけの技術があったからですが、他にも理由がありました。
                  『花よ 大地よ 月よ銀河よ』を捧げた友人に死なれた時の僕の落ち込み方は、母親もしっかりと分かってくれていました。それならば<友人のご家族の故人への想い>も、母親として想像できるだろう。その気配が文字に出てくるに違いないと直観したゆえの依頼だったのです。
                  平日の午後に、それで喰えるわけでもない音楽作品のジャケットを依頼して、文字の美しさについていろいろと言葉をかわしながら約3時間もサシで緊張感のあるやりとりをするというのは、40年以上におよぶ母子としての関係の中でも特殊な密度のある経験でした。

                  母親の棺には、『花よ 大地よ 月よ銀河よ』のCDと、あとがきで母親に捧げると書いた「玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから」を収めさせてもらいました。
                  そして出棺の時には『安全地帯将掘JUNK』ヴァージョンの「しあわせのランプ」をかけてもらいました。

                  正直言って、今も心細く不安の最中にいますが、母が親として注いでくれた愛情と、本人の身をもって示してくれた人としての幸せを求める努力の大切さを、忘れずにこれから先の日々を生きていこうと思います。
                  posted by: 志田歩 | 雑記 | 11:37 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                  母が急逝しました
                  0
                    母親が急逝しました。
                    自分が喪主となることもあり、多忙を極めています。
                    原稿などについては、気が付く限り混乱の無いように対処しているつもりですが、
                    万一、僕のミスでなすべき連絡が出来ていない場合は、お手数ですが、再度連絡をお願いします。 bekkoameのメールは、下北沢にいない時は受信できないため、電話以外で僕に連絡を取る場合は、他のメール、あるいはツイッターやfacebookのメッセージなどでお願いします。

                    なお、11/9 新橋ZZでの志田歩&Teazer のライヴは、予定通り行います。
                    予約はお店への電話(03-3433-7120)でも受け付けています。
                    posted by: 志田歩 | 雑記 | 14:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                    ブログ再開します
                    0
                      ブログを再開し、facebookと連携させることにしました。
                      posted by: 志田歩 | 雑記 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      facebookページの短縮url
                      0
                        以下のurlでfacebookページのノートに直接いきます。 今後はブログ代わりに使う予定ですので、よろしくお願いします! http://p.tl/536U
                        posted by: 志田歩 | 雑記 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |