Recommend
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから
玉置浩二★幸せになるために生まれてきたんだから (JUGEMレビュー »)
志田 歩
玉置浩二をミュージシャンとして評価してきた、僕の12年間の集大成!!
Recommend
最後のライオン
最後のライオン (JUGEMレビュー »)
志田歩&Teazer
2007年に結成した僕のバンドのファースト。こちらにて試聴できます。
♫今後のライヴ♫
★2016年10月20日(木)
新宿Live bar∞Strength
志田歩弾き語りソロ
C/W 星野裕矢、ウルル順、柴田健斗、Maasya、too,two


Links


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PR
議事録を作っていないとのことなので、情報開示請求をしました
0
    話は今年の2月に遡る。
    2月28日の「第2回北沢デザイン会議」の場において、僕はこんな質問をした。
    今日の話し合いもタウンホールで行なわれていて、ここは下北沢に関する物事を決めていく上で、大きな意味を持つと思う。ここの中には9〜11階にらぷらすという施設があって、印刷やミーティングなどを行なえる。この施設が来年から梅ヶ丘に移転するという話を聞いている。らぷらすに施設登録している団体はたくさんあるが、登録団体にそのような報告はされていません。先日区政報告会の際に区長に聞いたところ、問題があったら皆さんの意見を聞いて決めていくと聞いて安心しましたが、区からは移転が決定していると聞きました。区長と区の姿勢が共有できていないと感じ心配しています。次期区長に就任された際には、らぷらすの移転に関して皆さんからの意見を聞いていただくつもりがあるでしょうか?

    その時は保坂展人世田谷区長から、ステキな返事をいただいた記憶があったのだが、「北沢デザイン通信 第2号」を見ると、
    男女共同参画センター「らぷらす」の存続について知りたい。
    という質問があったことしか記載されていない。



    仕方が無いので区役所に議事の内容を確認したいと相談したところ、「音声の記録なら提供できる」とのことだったので、生まれて初めて情報開示請求という手続きをしてみた。この歳になってもまだ初めての体験ができるなんて!
    まだまだおもしろい曲が書けるかもしれません(@^▽^@)



    その結果、入手できた音声がこれ。



    確かに「みなさんの意見を聞いて決めていく」と発言している!
    この発言の実現のための後方支援として始めたのが、「下北沢らぷらす移転再考を求める区民の会」。
    下北沢らぷらす移転再考を求める区民の会」では、現在「らぷらす」の移転計画に関する合意形成を求める署名を行なっている。



    このところ毎日のように激励の手紙や問合せをいただき、しっかりしなければと気を引き締めているところです。
    11月16日が集約予定日ですので、この記事をごらんのみなさまもよろしかったら署名へのご協力、情報拡散など、よろしくお願いします!!



    posted by: 志田歩 | らぷらす | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    らぷらすの移転計画に関する説明会10月28日に決定!
    0
      先日お伝えした「らぷらすの移転に関する説明会」は、10月28日に行われることになりました。
      世田谷区に問い合わせたところ、広報は利用登録団体への郵送の通知、行政のホームページ、らぷらす内の掲示のみとのことでしたが、新聞の閲覧や授乳室などを利用している一般の方々も含め、利用者は年間9万人にものぼる施設の話で、近隣に与える影響は非常に大きいため、自分達で説明会告知のフライヤーを作成しました。
      プリントアウトしてご活用いただければ幸いです。





      posted by: 志田歩 | らぷらす | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      まず自分の足もとから〜
      下北沢「らぷらす」の移転に関する説明会が行なわれます!
      0
        しばらくご無沙汰してましたが、この間何をしていたかというと、新しい市民グループの立ち上げに奔走しておりました。僕と根本善之さん、石川くみ子さんの三人が共同代表で、会の連絡先も自分が担当。

        新しい会の名前は「下北沢らぷらす移転再考を求める区民の会」。
        現在北沢タウンホールの中にある男女共同参画センターらぷらすは、多くの団体がブースや研修室を、ミーティングや催し物に利用している他、新聞や雑誌の閲覧、印刷室、さらに下北沢では貴重な授乳スペースとして多くの愛用者が活用しています。ブースや研修室を利用するために登録している団体は、実に約300以上にものぼるとのことですが、世田谷区はこれほどの数におよぶ利用者にきちんとした説明や情報提供をしないまま、移転を計画してきました。

        そこで9月17日にミーティングを行なって、「下北沢らぷらす移転再考を求める区民の会」を立ち上げ。
        9月25日午前10時から8人のメンバーで、世田谷区と話し合いの場を持つという突貫作業の連続でした。

        今回世田谷区にリクエストしたのは、以下の三項目。

        1. 男女共同参画センターなのですから、まず参画している市民団体にきちんと情報を伝えるのが、参画センター本来の理念です。「らぷらす」に利用登録している全ての団体に対して、移転に関する説明会を開催してください。

        2. 「らぷらす」の移転計画について、多くの利用者をはじめとする区民に、分かりやすく伝わりやすい方法で情報を公開してください。

        3. この計画に関して公開した情報に対する利用者や区民の意見を、計画に反映してください。

        この間の経緯については世田谷区の職員の中でも問題を感じている方が少なからずいるようで、情報提供に関して丁寧な応対をしてくださる方がいたことも書いておきたい。
        話し合いも円滑に進み、リクエストの1については、解決することを、職員が約束してくれた!
        プライバシーの問題などもあって、自分達でらぷらすの移転に関する情報を伝えることができる団体には限りがあったが、世田谷区生活文化部の人権・男女共同参画担当課が、実に300以上にものぼる「らぷらす」の全ての登録団体に早急に連絡して、三週間程度の告知期間を取った上で、移転に関する説明会を、遅くとも11月中には実施すると、話し合いの場で約束してくれたのだ。
        グレイト!



        なお、10月11日(荒天の場合は翌日に順延)に羽根木公園で行なわれる第40回雑居まつりでは、この件についてブースを出すと共に、午前10時40分からメインステージで、演奏とアピールを行ないますので、遊びにいらしていただけると嬉しいです。

        2015年7月、僕は佐野元春から『BLOOD MOON』を受け取った。
        これから先、いったいどんなことが待ち受けているのか。
        気を許すことはできないが、僕も自分の場所で闘っていきたいと思う。
                       「ロック詩人の聡明な野性を讃えて」より

        以下は、今後のライヴ情報です。こちらもよろしくお願いします!
        10月29日(木)新宿Soulkitchen     志田歩 with kubotti
        11月07日(土)新宿スモーキン・ブギ  志田歩 with kubotti





        posted by: 志田歩 | らぷらす | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |